BLOG

民法改正~原始的不能事案での債務不履行に基づく損害賠償請求~

弁護士の佐藤です。

 

 

さて、本日も、民法改正に関するお話をしたいのですが、本日も新設、つまり、あらたに条文がもうけられたことに関するお話です。

 

 

原始的不能、つまり、ある物の売買契約を締結した際、実は、そもそも、その目的物が存在しなかった場合(火事などで家が焼失など)、買主は、売主に対して、債務不履行に基づく損害賠償請求ができるかどうかについては明文がありませんでした。

 

そして、このような場合、契約はそもそも無効で、債務不履行となる余地はなく、債務不履行に基づく損害賠償請求はできないという考え方も有力でした。

 

 

しかし、履行不能になったのが、たまたま契約の成立前というだけで、上の例でいうと、火事の原因が売主の火の不始末である場合など、売主に帰責性がある場合でも、債務不履行に基づく損害賠償請求をすることができないとするのは不当ではないかという指摘もありました。

 

そこで、今回の民法改正では、原始的不能の場合であっても、債務不履行に基づく損害賠償請求をすることは妨げられないとの規定があらたにもうけられました。

 

 

というわけで、本日は原始的不能の取引における損害賠償請求のお話でした。

 

記事一覧