BLOG

マンションのベランダ喫煙問題

弁護士の佐藤です。

 

さて、本日は、民法改正ではなく、たまには、別のテーマと思い、マンションのベランダの喫煙問題について、お話したいと思います。

 

先日ご相談を受けたことですが、マンションのベランダで喫煙をする方っていらっしゃると思うのですが、当然、タバコの煙を嫌がる方もいらっしゃるわけで、例えば、1階のベランダで喫煙をして、その煙が2階の部屋の方の部屋の中に入ってきてしまうということがおこった場合、2階の方は、1階の喫煙者に何かしらの請求ができるのか、という問題です。

 

 

この点、まず、マンションのベランダの喫煙を規制する法律や条令は、現時点ではございません。

 

 

そこで、まず確認すべきは、マンションの管理規約になります。

 

ベランダでの喫煙を禁止する旨の規定があれば、マンションの住人は区分所有法で規約を守る義務ありますので、管理組合から忠告、張り紙、掲示板などで周知させ、喫煙者に注意を促すことになります。

 

 

では、管理規約がない場合はどうでしょう。

 

マンション内では、当事者同士が顔を合わす機会が少なくないといえ、当事者間のトラブルを避けるために、まずは、管理組合、管理会社、理事会などに相談して、管理組合に動いてもらうことが考えられます。

 

また、マンションを管理する区分所有法では、4分の3以上の賛成で管理規約を変更することができますので、管理組合の集まりなどで、賛同者を集め、ベランダでの喫煙を禁止するという管理規約を変更する手続をとることも考えられるでしょう。

 

 

しかし、そのような手続がとれなかった場合は、訴訟を視野に弁護士に相談せざるを得ないといえます。

 

例えば、内容証明郵便などで、ベランダでの喫煙の禁止や、喫煙時間を限定するなどの申し入れ、あるいは、健康被害がでている場合などでは、損害賠償請求をすることも考えられます。

 

因みに、同様のケースでの地裁判例がございまして、名古屋地裁平成24年12月13日判決は、「他の居住者に著しい不利益を与えていることを知りながら、喫煙を継続し、何らこれを防止する措置をとらない場合には、喫煙が不法行為を構成することがあり得る」とし、一部、慰謝料請求を認めました。

 

 

法律相談の中では、なかなかこのような相談を受けることは多くはありませんが、受動喫煙の問題は前から周知され、さらにコロナ禍で外出を控える人が多い現状、今後は、こういった問題は増えてくるかもしれません。

 

 

というわけで、本日は、マンションのベランダの喫煙問題についてお話しました。

 

記事一覧