ここにメインのコピーが入ります

ここにサブのコピーが入りますここにサブのコピーが入ります

Works

業務実績
  • 高校生模擬裁判選手権

    弁護士の佐藤です。

     

    なんという猛暑でしょう・・・。

     

     

    移動はだいたい車なので、そこまでの苦労はありませんが、車に乗り込む際の車の中の熱気に毎回眩暈がしそうになります。

     

     

    ところで、わたくし、恥ずかしながら、こんな大会があることを知らなかったのですが、本日の中日新聞のニュースで、

     

     

    「架空の刑事裁判をテーマに、高校生が弁論能力を競う『第十三回高校生模擬裁判選手権』の関東大会で、浜松北高(浜松市中区)の二年生十三人でつくるチームが優勝した。」

     

     

    とのこと。

     

     

    「大会は日本弁護士連合会が主催で、三日に東京地裁などで開かれた。一都七県から予選を勝ち抜いた計八校が出場。中央大杉並高(東京)や渋谷教育学園幕張高(千葉)などの歴代優勝校もエントリーした。」

     

    として、浜松北校は、

     

     

    「扱ったのは、開店まもない雑貨店で、コーヒーの粉四袋を万引したとして、窃盗罪に問われた二十代男の事件。各校とも検察、弁護側の立場で一度ずつ公判に臨んだ。現役の裁判官や報道関係者ら七人が、尋問の的確さや論理構成力などを審査し、順位を決めた。」

     

     

    とのこと。

     

     

    こんな大会があったとはつゆ知らず、高校生がどのようなパフォーマンスをするか本当に興味深く、傍聴できるのであればしてみたいし、若いうちから、法曹に興味をもってくれることに、一弁護士として喜びを感じるところです。

     

     

    また、事件に対峙し、検察官の立場から、また、弁護人の立場から、争点をみつけ、矛盾点を考え、論告弁論を考えることは、論理的思考能力を身につけるよい機会にもなるし、もっとこういった大会を報道して、参加する高校が増えるとよいですね。

     

     

     

    というわけで、今週も、まだまだ暑い日が続くようですが、くれぐれも外出の際には、熱中症にお気をつけを。

  • 夏期休暇のお知らせ

    当事務所は、令和元年8月13日(火)、14日(水)の2日間、夏期休暇をいただきます。

    関係者のみなさまには大変ご迷惑をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

    佐藤・清水法律事務所

  • 違法収集証拠排除法則

    弁護士の佐藤です。

     

     

    あっという間の金曜日でございます。

     

     

    連日、レアルに移籍した久保君のニュースが話題になっておりますが、今週は、日本サッカー界の元祖天才、小野伸二君が、オフを利用して、静岡に来てくれ、久々に、仲間とゆっくり楽しく食事ができました。

     

     

    相変わらずの謙虚さと礼儀正しさに、あらためて、感心したし、色んな刺激を頂きました。

     

     

     

    で、話変わって、24日の産経新聞のニュースで、

     

    「職務質問を受けた際に警察官を暴行したとして現行犯逮捕された後、尿鑑定で覚醒剤の陽性反応が出たとして、公務執行妨害や覚せい剤取締法違反(使用)などの罪に問われた女性(33)に、大阪地裁は24日までに無罪判決(求刑懲役4年6月)を言い渡した」

     

    との報道が。

     

     

    その理由としては、

     

     

    「警察官が暴行を受けた痕跡は残っておらず、証言にも変遷があり信用性に疑問が残るとし『被告が暴行を加えた事実を認定できず、現行犯逮捕は違法』と判断。その上で、違法な逮捕により集めた証拠として、尿の鑑定結果などを証拠から排除した。」

     

     

    とのこと。

     

     

    これは前にも話したかもしれませんが、違法収集証拠排除法則というもので、捜査に携わる人が違法な手段で集めた証拠の証拠能力を否定するもので、最高裁も、令状主義の精神を没却するような重大な違法があり、これを証拠と認めてしまっては将来の違法捜査が抑制できなくなるような場合に限って、違法収集証拠を排除するとの判断を示しています。

     

     

     

    尿の鑑定結果から覚せい剤が出ているにもかかわらず、無罪とはおかしいとお思いになるかもしれませんが、これを放置すると、違法捜査が横行することとなり、その抑止のために、このような法則が取られているわけです。

     

     

    この違法収集証拠排除法則による無罪判決は、ここ数年、出るようになっており、我が事務所の三津間のこの法則により、以前、無罪判決をとることができました。

     

     

    こういった判決がでることにより、違法な捜査が今後なくなることを願っております。

     

     

    というわけで、週末ですが、残念ならが、2年連続で、安倍川の花火大会が中止し。

     

     

    台風の影響がもろにあると思いますので、外出される方はくれぐれもご注意を。

  • 慰謝料~相隣関係⑧~

    弁護士の佐藤です。

     

    今週もどんよりした空のもと始まりました。

     

    さて、本日も、相隣関係の中で、騒音の慰謝料が問題となった事案をご紹介していきたいと思います。

     

    まず事案ですが、原告の所有建物の所在地は幹都市計画法に基づく第二種住居専用地域に指定されているところ、被告は、原告住所地の隣地を借地し、カラオケ店を運営してきたところ、原告が、カラオケ店からの騒音を理由に、営業の差し止め及び慰謝料請求したという事案です。

     

    この点に関し、札幌地裁平成3年5月10日判決は、

     

    「原告らが、前記のとおり、第二種住宅専用地域であって住宅街である本件地域に先住し平穏に生活していたところへ、被告が前記のような態様で、原告・・ら及び同・・ら居宅と背中合わせのような形で突然本件カラオケボックスの営業を始め、原告らを含めた地域住民多数の反対を押し切って午前三時過ぎに至るまでの深夜営業を続行し、右営業に伴う前記騒音により原告・・・・、同・・・・、同・・・・らの睡眠を妨害しているというべきであるから、本件カラオケボックス営業が、右原告三名の人格権及び原告・・・・、同・・・・の建物所有権の内容といいうる休息の場としての住宅の機能にも影響を与えているといえるが、さらに本件カラオケボックス営業に伴う騒音が受忍限度を越え差止めをなしうるか否かを判断するにあたっては、公的な諸基準に照らし判断する必要がある。」

     

     

    とした上で、本件につき、

     

     

    「本件カラオケボックス周辺地域は第二種住居専用地域であるから、公害基本対策法第九条に基づく騒音についての環境基準(昭和四六年五月二五日閣議決定)の『一般地域A主として住居の用に供される地域』に該当し、右環境基準は夜間については四〇ホン(ホンはdB(A)の別称である。)であり、札幌市公害防止条例一六条をうけた同規則第七条別表5(騒音に係る排出基準)における第二種地域に該当し、同条例一六条の特定施設を設置する工場の設置者が遵守すべき基準(規制基準)は夜間(午後一〇時から午前六時まて)四〇ホンであるとされていることが認められるから、特段の事情のない以上、本件においても右数値を基準に考えるのが相当である。しかるところ、前記各調査結果によると、午後一〇時以降の騒音は右基準値を上回る数値となっているが、午前○時までは、右基準値を上回る前面道路からの騒音を中心にした環境騒音が存在していて、本件カラオケボックス営業に伴う騒音にほぼ匹敵し、境界地上五メートルにおいては午前○時までは、環境騒音が本件カラオケボックス営業時の騒音を上回っている場合すら存在する(午後一一時から一二時までの境界地上五メートルにおけるL5及びL50の比較による。)一方、本件カラオケボックス営業に伴う騒音が右環境騒音を上回り全体の騒音に対する影響が顕著になるのは午前○時以降であって、本件カラオケボックスのカラオケ音のみでも、午前○時以降は・・ら居宅三階和室で三七ないし四六dB(A)境界地上五メートルで四六ないし五三dB(A)同一・二メートルの地点で五〇ないし五八dB(A) (以上別紙表4ないし6多照)と右各基準値を上回っており、これに利用客、利用車両、その他の本件カラオケボックス営業に伴う騒音があることを考えれば、前記各基準値を優に上回るということができる(別紙表8参照)。これに対応して、原告・・ら及び同・・らの睡眠の妨害が顕著になるのは午前○時以降であるということができる。」

     

     

    と事実認定をしました。

     

     

    そして、

     

     

    「右原告三名が前記被害につき精神的苦痛をうけたことは見やすい道理であり、被告は、前記原告らを含む住民多数との交渉過程を経て、深夜の営業が同人らの権利、利益を侵害する可能性につき予見できたということができ、少なくとも、午前○時以降の営業により同人らの睡眠等を妨げる結果の発生しうることを予想しえたというべきところ、あえて午前○時以降の営業の開始・続行をしたのであるから、過失があるということができ、右原告三名に対し慰謝料を支払うべき義務がある。」

     

     

    としつつも、

     

    「以上により、原告・・・・、同・・・・、同・・・・は、本件カラオケボックスの午前○時以降の営業を差し止める権利及び精神的苦痛等に対する慰謝料請求権を有するといえるが、午前○時以前の営業を差し止める権利は、その営業に伴う騒音が違法とまでは認められない水準であるから認められず、また、その余の原告らは具体的被害が生じたことを認めるに足る的確な証拠がないから、右のような権利があるとはいえない。」

     

     

    とし、午前0時を境に、午前0時以降について、違法性を認め、慰謝料については、

     

     

    「原告・・・・、同・・・・及び同・・・・の請求は、本件カラオケボックスの午前○時から四時までの営業の差止めと原告・・・・につき金三〇万円、原告・・・・、同・・・・につき各金二〇万円」

     

     

    としました。

     

     

     

    慰謝料の額の根拠については、よくわかりませんが、本件では、精神的被害だけではなく、身体的被害を認めたことに意義のある判決だと思います。

     

     

    というわけで、本件も騒音に関する判例のご紹介でした。

     

     

    今週も気合いをいれてがんばります。

  • 先日の釣り

    弁護士の佐藤です。

     

     

    今週もあっという間の金曜日でございます。

     

     

    今週は体力的に少々きつかったような・・。

     

     

    というのも、心当たりはあるというか、これしかないと思うのですが、今週の月曜、釣りの師匠から、船でのキス釣りのお誘いがありまして、久しぶりの釣りということで、思いっきり興奮してしまい、なぜか午前4時起床予定が、午前2時半にぱっちり目が覚め、ほとんど寝ずに釣りに行っただけでなく、沖にでて、釣り開始早々にザーザーの雨が降り始めるという、安定した雨男っぷり。

     

     

    で、その日は、生憎、波も高く、人生で初めて船に酔うという、まあ、散々な状況であったわけです。

     

     

    船酔いがあんなにきついとは思わなかった・・・。

     

     

     

    とはいえ、後半は天気が回復し、少ないながらも、ぼちぼちよいサイズのキスも上がり、最後の方には、「おじさん」という、名前は知っていましたが、初めての魚も釣ることができました。

     

     

    因みに、キスは、釣り人の特権で、刺身に。

     

     

    安定した美味さでございました。

     

     

    前半はコンディションが悪かったですが、やっぱり釣りは最高ですね。

     

     

    次は、太刀魚釣りだそうです。

     

     

    今から楽しみです。

     

     

     

    まあ、年々、疲れがとれない体になってきていますが、心の内面の充実も大事なことだと思います。

     

     

     

    ではでは、みなさま、よい週末を!

OFFICE OUTLINE

事務所概要
  • 名称

    佐藤・清水法律事務所

  • 住所

    〒420-0029 静岡県静岡市葵区研屋町33-1

  • 電話

    054-252-1120

  • FAX

    054-252-1123

  • 設立

    2004年4月1日

  • 代表

    佐藤治郎

  • 時間

    9:00〜17:30(土・日・祝日休み)

  • 駐車場

    有り(3台)

LAWYER

弁護士紹介
  • 弁護士 清水光康

    弁護士としてすでに37年に至りました。
    今までの経験と家事(離婚・相続等)調停委員・民事調停委員としての長年の経験と解決処理能力や工夫を生かし、いろいろなご相談に応じていきたいと思います。

    趣味・・・・・ボサノバギター弾き語り

    経歴 昭和24年8月25日生
    昭和43年4月/中央大学法学部法律学科入学
    昭和47年3月/同 卒業
    昭和48年10月/司法試験合格
    昭和51年4月/静岡県弁護士会弁護士登録
    委員会等 ● 静岡簡易裁判所民事調停 調停委員
    ● 静岡家庭裁判所家事調停 調停委員
    その他 ● スモン薬害訴訟静岡弁護団
    ● 未熟児網膜症訴訟静岡弁護団

  • 弁護士 佐藤治郎

    ひとつひとつの出会いを大切に、迅速かつきめ細やかなサービスを提供できるよう、また、弁護士としてクライアントの垣根をなくし,近づきやすく、親しみやすく、利用しやすい弁護士として、多様なニーズに応えるべく職務を精励してまいる所存でございます。

    趣味・・・・・ラーメン屋巡り

    経歴 昭和52年9月18日生
    平成8年3月/静岡聖光学院高等部卒業
    平成8年4月/上智大学経済学部経営学科入学
    平成12年3月/同 卒業
    平成17年11月/司法試験合格
    平成19年9月/静岡県弁護士会弁護士登録
    委員会等  非弁護士取締委員会 委員
     総務・司法制度調査・裁判官制度担当委員会 委員
     日本弁護士連合会裁判官制度改革・地域司法計画推進本部委員会 委員
     関東弁護士会連合会連裁判官選考検討委員会 委員
    その他  浜岡原発廃炉請求訴訟弁護団
     薬害肝炎東京弁護団静岡支部
     吉田町強盗殺人事件弁護団
     その他

  • 弁護士 三津間秀人

    皆様がお困りの状況や気持ちをしっかりと共有したうえで、法的に考えられる最善の方法をご提案し、お困りの状況を解決したうえで、より良い未来につなげていくことができる弁護士を目指してまいります。
    どのような相談でも、皆様の安心につなげられるよう、誠心誠意対応してまいります。おひとりで悩む前にまずは気軽にご相談下さい。

    趣味・・・・・ドライブ、読書

    経歴 昭和57年4月8日生
    平成13年3月/千葉県立東葛飾高等学校卒業
    平成14年4月/東京大学文科一類入学
    平成18年3月/東京大学法学部卒業
    平成20年4月/大東文化大学法科大学院入学
    平成23年3月/大東文化大学法科大学院卒業
    平成23年9月/新司法試験合格
    平成24年12月/東京弁護士会弁護士登録、弁護士法人ベリーベスト法律事務所入所
    平成25年7月/弁護士法人ベリーベスト法律事務所静岡支店開設のため静岡県弁護士会へ登録換え
    平成28年7月/弁護士法人ベリーベスト法律事務所退職
    平成28年8月/佐藤・清水法律事務所へ移籍
    委員会等  静岡大学法科大学院バックアップ委員会 委員
     法教育委員会 委員

Recruit

求人情報
  • 業務内容
  • 待遇

    月給18万円~25万円以上+歩合制

  • 諸手当

    通勤手当、資格手当

  • 業務内容

    OA機器・携帯電話などの販売、広告の販促計画など、顧客の問題を解決するコンサルタントとして活躍してもらいます!

  • 待遇

    月給18万円~25万円以上+歩合制

  • 諸手当

    通勤手当、資格手当

Locations

拠点情報

静岡本社

  • 住所

    静岡県静岡市あああああああ

  • 電話番号

    000-0000-0000

  • アクセス

    あああああああああああああああああああああああああああああああああ

    ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

浜松営業所

  • 住所

    静岡県静岡市あああああああ

  • 電話番号

    000-0000-0000

  • アクセス

    あああああああああああああああああああああああああああああああああ

    ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

CONTACT

お問い合わせ

※ご注意:ご相談の受付は当事務所よりの日時についての返信をもって完了となります。

必須
必須
必須
ご相談分野 任意
必須
任意
任意
任意

個人情報の収集・利用目的

当事務所では、ご相談者・ご依頼者より、法律業務の受任・遂行等を目的で個人情報を取得しており、当事務所では収集した個人情報を目的の範囲内で使用します。

第三者提供の禁止

当事務所では、収集した個人情報を本人の事前の同意なく第三者に提供することはいたしません。ただし、法令により開示を求められた場合、公的機関から開示を求められた場合、また個人の生命、身体又は財産の安全を守るため、緊急かつやむを得ないと認められるときは、事前の同意なく提供する場合があります。

開示・訂正

当事務所が収集した個人情報につきまして、ご本人からのご要望がある場合は、当該保有情報の開示・訂正の申し出をお受けいたします。

個人情報取扱担当者

当事務所の個人情報取扱担当者を次のとおり定めます。
弁護士 佐藤治郎

その他

当事務所では、(1)ご相談者・ご依頼者より、法律業務の受任・遂行等を目的で、(2)弁護士・事務職員としての採用を希望される方より、当事務所の採用活動の目的で、個人情報を取得しており、当事務所では収集した個人情報を目的の範囲内で使用します。