遺産相続

大切なご親族が突然亡くなられた場合、今後どのような手続きを取ってよいか困るものです。
また、親族間で相続争いが発生することもあります。弁護士が適切なアドバイスをいたします。

死亡後の手続きが分からない方

ご親族の方が亡くなられた場合、精神的・肉体的負担を伴うものです。弁護士が遺産分割の手続き、相続人間の交渉又は調停・審判といった手続きまで丁寧にご説明致します。

遺産分割協議書を作成したい方

相続人間でもめていない場合でも、どのように遺産を分割するか分からない方もいらっしゃるかと思います。弁護士が遺産分割協議書を作成することによって早期かつ適切に手続きを進めていくことも可能です。

遺産分割について相続人間でもめている方

相続人間での遺産分割の争いは感情的になることも多く、精神的負担を伴います。そのような場合に、弁護士があなたに代わって交渉することでそのような精神的負担を取り除き、早期解決を目指します。また、交渉段階で解決に至らない場合には調停の申立てから解決に至るまであなた共に納得できる解決を目指します。

ご自身で調停をやられている方

すでに調停を起こされた方でも調停委員にうまく主張が伝えられない方や手続きが良く分からない方など調停に不安を感じている方は、途中から弁護士が入ることも可能です。

生前に将来の紛争を回避させたい方

遺産分割の手続きでは、とかく感情的な対立になり、もめるケースも多々あります。遺言書を作成することでそういった紛争を未然に防止することも可能になります。遺言書作成についてのアドバイスも致しますので、お気軽にご相談ください。

亡くなられた方に借金がある方

亡くなられた方に借金があることが後日発覚した場合、限定承認や相続放棄といった手続きを取ることによって、あなた自身が借金を負うことを回避することができます。

soudan_btn

ページの先頭へ