借金問題

精神的、肉体的に追い込まれる非常にナイーブな問題です。
借金整理のために任意整理、民事再生、破産などの方法で早期解決を目指します。
個人、法人は問いません。

過払いがあるか確認したい方

これまで長年消費者金融などからお金を借りたり返したりするなどの取引をしていた場合、場合によっては多く払い過ぎてしまっている場合もあり、過払いといって、多く払い過ぎた部分を取戻すことができます。完済している方でも同様です。時効によって請求することが不可能になってしまうケースもありますので、お早めにご相談ください。過払い金が発生する見込みがある場合には、着手金をケースによっては0円にしたり、法テラスを利用するなどの方法により、初期費用を抑えることにも応じています。詳しくは費用ページをご覧ください。

毎月の返済額を減らしたい方

借金をした場合、利息が大きく、返済しているにもかかわらずなかなか元本が減らないというケースも多いと思います。そのため、債務が増大して毎月の返済が困難になるという方も多いと思います。そのような場合に、弁護士があなたに代わって業者と毎月の返済額を減額するための交渉をすることが可能です。また、弁護士が窓口となるため、業者から返済の請求が直接来なくなり、精神的負担が軽減されるというメリットもあります。

自己破産を考えている方

個人又は法人で、債務が増大し、返済が困難となった場合には、破産手続きを利用する必要があります。破産の申立ては、手続きが複雑であり、資料の収集も大変です。弁護士が代理することで、書面の作成・資料の収集から申立て・裁判所での手続きといった全ての面においてサポート致します。司法書士と異なり,弁護士の場合には裁判所での手続に立会うことも可能なので、その点においてもメリットがあります。自己破産すべきかどうか、また、自己破産することでどのようなデメリットがあるのか不安を抱えている方もお早めにご相談ください。

民事再生を検討している方

現在の経済状況では返済が困難である場合でも、自宅だけはどうしても残したいという方や、返済を継続する意思があり、なおかつ債務を減らすことで生活が可能になる方には、個人再生という手続きが最適です。個人再生を利用する場合には、自己破産以上に要件が厳しい場合もあり、また、手続きの複雑さや資料の収集の点から弁護士を付けることをおすすめします。まずはお気軽にご相談ください。

生前に将来の紛争を回避させたい方

遺産分割の手続きでは、とかく感情的な対立になり、もめるケースも多々あります。遺言書を作成することでそういった紛争を未然に防止することも可能になります。遺言書作成についてのアドバイスも致しますので、お気軽にご相談ください。

soudan_btn

ページの先頭へ