青森人権大会

IMG_4513 (002)

弁護士の佐藤です。

 

今週もはじまっておりました。

 

本日は、午前中に破産事件の債権者集会と新規のご相談、午後も新規のご相談と、夕方から外部の法律相談となっております。

 

で、先週の木曜、金曜は人権大会に出席するために青森まで行って参りました。

 

人権大会とは、毎年10月に、全国から、どこかの県に弁護士が集まり、様々なテーマのシンポジウムをひらいたり、活動報告等をおこなったりしているのです。

 

全国から一斉に弁護士が集まるので、開催する県の弁護士は準備やら、会場設営やら、非常に大変な作業がまっておりまして、思い起こせば、わたくしが弁護士になった1年目がちょうど静岡での開催でして、受付などの雑務をやった記憶がよみがえります。その時は、大江健三郎先生の講演があったりして、非常に貴重な経験をさせてもらいました。

 

まあ、1年目に静岡で人権大会を開催したので、次は30年後くらいになるのでしょうか。

 

その頃、まだ弁護士をやっているのか、そもそも生きているのかわかりませんが・・・。

 

 

 

で、話を元に戻し、青森の人権大会ですが、4日のシンポジウムでは、3つの分科会がひらかれまして、「外国人労働者100万人時代」の日本の未来、組織犯罪からの被害回復、日本の社会保障の崩壊と再生という、非常に興味ぶかいテーマとなっておりました。

 

青森県の弁護士の皆様、本当にお疲れ様でした。

 

そして、その夜は、静岡県弁護士会での飲み会がありまして、まあ、飲むメンツは同じなのですが、場所が違うと雰囲気も違うもので、なかなか楽しい時間を過ごせました。因みに写真は、青森名物のいちご煮でございまして、わたしの好物のウニとアワビを美味しく頂けました。

 

久しぶりの人権大会の参加だったのですが、今後は積極的に参加していきたいと思います。

 

 

 

というわけで、体力的には諸々疲れましたが、良い経験によりパワーをもらったので、今週もバリバリがんばりたいと思います。

ページの先頭へ