雑感

IMG_7737

弁護士の佐藤です。

 

今週ももう金曜日。

 

しかも、本日で6月も終わりでございます。

 

本日は梅雨らしく、ジメジメしていますねえ・・・。

 

 

さて、本日のニュースで、「パワハラ被害者が録音していることを揶揄する風潮はマズい」との見出しが。

 

内容としては、とある番組で、豊田真由子議員のパワハラ発言が話題となり、パワハラ発言の録音について議論となったところ、その番組に出演している弁護士が、「確かに証拠としてはある種、出来過ぎという部分もありますね」との発言が。これが録音を揶揄する風潮はまずいと、記事の作成者は危惧しているわけです。

 

 

ちなみに、この作成者である佐々木亮弁護士は、私が司法試験合格後、少しの期間お世話になった先生で、とてもよくしてくれました。

 

 

で、よくしてくれたから、というわけではまったくありませんが、この意見には、まったく同意で、パワハラの事件は、本当に立証が難しく、やれることといえば録音が有効であり、私も相談を受けると、録音するようにとのアドバイスをよくします。

 

パワハラの被害者は、それだけ追い詰められているのであり、また、録音できるということは、それだけ、繰り返し、繰り返し、これまでもパワハラがあったからとも言えます。

 

したがって、録音した行為は、出来過ぎだとか、それだけ余裕があったとかという見方は全く間違っていて、むしろそれだけ追い込まれていたと考えるべきだと思います。

 

 

まあ、色々な考えがあるのはわかりますが、要は裁判官が証拠の評価を誤らなければいいのでしょうけど。

 

しかし、まあ、最近に限らず、自民党の議員はひどいですね。稲田防衛相の自衛隊私物化発言は、まったくもって論外だし。

 

 

とはいえ、野党もひどいんでねえ・・。

 

 

今度の都議選はとても注目しています。

 

 

最後に、政治ネタで、久々よいニュースと思ったのが、静岡県の川勝平太知事が27日の記者会見で、中部電力浜岡原発について「今後4年間で動く気配はない。もし動くことがあれば、どこかに無理がある。その時には反対する」と述べたことですね。

 

明確に反対の立場を表明したことは、反対派のわたしからすると、とても頼もしく思えました。

 

しがらみに負けず、是非がんばっていただきたいです。

 

 

というわけで、本日もあとちょっと。

 

みなさま、よい週末を。

ページの先頭へ