裁判官

003

弁護士の佐藤です。

 

本日は、午前中、破産事件の債権者集会、午後は、支部総会と裁判など。

 

本年度は、静岡支部に幹事をやっておりまして、支部総会の時は、会議室の前にでて、幹事長の横にちょこんと座っているので、これまでの支部総会と違う景色をみておるのですが、大分慣れてきました。

 

まあ、大変なのは、幹事長なのですが・・・。

 

 

ところで、大分前のニュースですが、

 

「担当した36件の民事事件について、判決書原本(判決文)が未完の状態で判決を言い渡したのは裁判所法の職務上の義務違反に当たるとして、岐阜地裁は13日、裁判官分限法に基づき、所属する山崎秀尚裁判官(58)の懲戒を名古屋高裁に申し立てた。岐阜地裁によると、名古屋地裁岡崎支部に在任中の2017年4月17日~18年3月30日、36件の民事事件について、判決文を完成させないまま判決を言い渡したとされる。大筋で事実関係を認め、『事務処理に追われて、やむなく行った』と話しているという。」

 

 

とのこと。

 

判決文を完成させないまま判決を言い渡したというのがどういう状況だったのかいまいちよくわかりませんが、裁判官もこんな初歩的なミスをしていたことに驚きました。

 

とはいえ、大抵の裁判官は素晴らしい方が多いのですが、中には、本当に困った裁判官もいらっしゃいまして、当事者に対して高圧的であったり、わけのわからない調停を成立させていたりなど。

 

以前、静岡の家裁にいた裁判官は、調停成立時に、当事者の同席を求めてきたのですが、わたしの依頼者が同席を拒否したところ、ものすごく態度が悪くなったということがありました。

 

 

そもそもですが、調停を申し立てるくらいなので、対立し、相手の顔を見たくないというのがむしろ当然だと思うのに、時間を短縮させたいという理由だけで、同席を強要しようとする態度に思いっきり腹が立ったのを覚えています。当然、同席は拒否しましたが。

 

 

裁判官から弁護士に色々文句があるかと思いますが、弁護士も裁判官に文句をいいたくなるときはたまにはあるものです。

 

 

まもるべきは依頼者様なので、闘わなくてはいけませんね。

 

 

というわけで、梅雨が明け、猛暑が続きそうなので、くれぐれも熱中症にはお気をつけを。

ページの先頭へ