裁判員裁判

f_09_ic

弁護士の佐藤です。

先週の月曜から始まった裁判員裁判が本日ようやく結審しました。判決は来週の火曜です。この期間中、日中はほとんど事務所にいれなかったため、関係者のみなさまには大変ご迷惑をおかけしました。

共犯者4名にそれぞれ弁護人が2名ずつついていることで、合計8名の弁護人で進行していったのですが、それぞれの弁護人の弁護活動がみれ、またちょっとした波乱もあり、非常に勉強になった裁判でした。

刑事事件の弁護人をやっていて私が一番思うことは、被告人に対して、この裁判を最後に、二度と犯罪行為に関わらない人生を送ってほしいということです。被告人は、色々な思いをもって判決を迎え、また服役することになるのでしょうが、法廷で一生懸命話したこと、誓ったこと忘れず、また情状証人として法廷に立ってくれた方の言葉、姿を心に焼き付けて、今後の人生を歩んでもらいたいと切に願います。

 

ページの先頭へ