相続法改正~遺産分割前の相続財産の処分~

006

弁護士の佐藤です。

 

本日は起案日で、事務所にこもります。

 

で、本日も相続法の改正についてお話を簡単にしていこうとおもうのですが、本日は、遺産分割協議成立前に相続財産を処分してしまった場合のお話です。

 

 

どういうことかと申しますと、例えば、被相続人が父、相続人は妻一人と長男、二男の子2人の場合で、被相続人死亡時の相続財産が、預貯金だけの4000万円だったとします。

 

被相続人の預貯金は、長男が管理しており、被相続人死亡後、遺産分割前に、長男が預貯金から1000万円を引き出し、すでに費消してしまいました。

 

 

遺産分割では、遺産分割時の預貯金が3000万円になるので、妻は法定相続分2分の1で、1500万円、子は4分の1なので、一人あたり750万円となります。

 

そうすると、長男は1000万円をすでに費消しているので、実質長男は、1750万円を取得したことになり、非常に不公平な結果となります。

 

もっとも、費消してしまった1000万円については、相続分の侵害として、別途訴訟により取り戻すことができる可能性はあるのですが、立証の問題から裁判に負けてしまったり、そもそも、裁判自体が長期化し、解決までのかなりの時間を費やしてしまったり、裁判に勝ったはいいが、すでに費消しているため回収可能性がなかったりなどのリスクが伴います。

 

 

そこで、今回の改正では、上記不公平さを無くすため、共同相続人全員の同意がある場合に限り、一部の共同相続人が勝手に処分した財産、上記事例であれば、引き出した1000万円につき、相続財産に含めることが可能となりました。

 

つまり、引き出した1000万円を含めると、4000万円になりますので、妻は2分の1の2000万円、子は4分の1なので1000万円ずつとなりますが、長男はすでに1000万円を取得しているので、二男に1000万円をわけることとなります。

 

 

因みに、共同相続人全員の同意といいましたが、処分した相続人は当然、同意をするとは思えませんので、処分した相続人を除く共同相続人の同意が必要ということになります。

つまり、上記事例では、妻と二男の同意が必要ということになります。

 

こうした問題は、実務ではけっこう見かけるので、今後の実務での運用がどうなっていくかわかりませんが、不公平さをなくすためには、大きい改正点といえるのではないでしょうか。

 

 

もっとも、これはあくまでも、被相続人死亡後の引き出して、被相続人死亡前の引き出し行為は関係ありません。

 

実務では、被相続人死亡前の引き出し行為が問題となることが多いのですが・・・。

 

 

 

というわけで、本日も相続法改正に関するお話でございました。

 

 

ページの先頭へ