相続における紛争について6~相続人の立場から~

弁護士の佐藤です。これまで主に被相続人の側から相続に関するお話をしてきましたが、本日は、相続に関する最後のテーマとして、相続人から見た場合の注意事項をお話します。

というのは、相続というのは、必ずしも財産ばかりではありません。マイナスの財産、つまり、借金も相続の対象になるのです。

それでは、そういう場合にどうするかですが、相続人の立場から見た場合、とる手続というのは、大きくわけで3つです。①単純承認、②相続放棄、③限定承認です。

①単純承認

まず、単純承認とは、被相続人の一切の財産を無制限に引継ぐ方法で、最も一般的な相続の方法です。この場合は、とくに特別な手続をする必要はありません。したがって、相続開始後3ヶ月以内にあとで述べる相続放棄や限定承認の手続をとらなかった場合には、自動的に単純承認をしたものとみなされます。

単純承認となった場合は、被相続人の債務を相続人の財産からも返済しなければならなくなります。

また、単純承認の意思がなくても、次のような事実があった場合には、単純承認をしたものとみなされる可能性があります。

1、遺産の全部または一部を処分したとき。

つまり、被相続人が亡くなって、被相続人には、3000万円の預貯金があったけど、5000万円を銀行から借入れていたとします。それを知っておきながら、3000万円の一部を妻が使ってしまった場合などは、単純承認したとみなされ、後に相続放棄をすることはできなくなります。ただし、葬儀費用を相続財産から支払った場合、身分相応の、当然営まれるべき程度の葬儀費用であれば、単純承認には当たらないとする判例もあります。

2、3ヶ月の期間内に限定承認も相続放棄もしなかったとき。

3、限定承認や相続放棄をしたとしても、遺産の全部または一部を隠していたり、債権者に隠れて消費したり、遺産を隠すつもりで限定承認の財産目録に記載しなかったとき。

これは、例えば、被相続人に3000万円の現金が金庫にしまってあって、それを妻が誰も知らない自分の金庫にしまってしまったと。その上で、被相続人には、5000万円の借金があったので、妻は相続放棄をしました。それで、3000万円の現金を隠したことが後に発覚したら、いくら相続放棄をしていたとしても、それは認められず、単純承認、つまり、借金も背負わなければいけないということになります。

②相続放棄

相続放棄とは、被相続人の財産のすべてを放棄し、一切の財産を相続しない方法です。亡くなった人の遺産より借金のほうが明らかに多い場合には、この方法を選択したほうがよいです。

方法は、相続開始及び自己が相続人になったことを知ってから3ヶ月に家庭裁判所に申述をします。ただし、被相続人の財産や債務がどうなっているのかすぐにはわからず調査が必要な場合、この3ヶ月の期間を家庭裁判所に申立てることで、伸長することができます。

なお、相続放棄をすると、相続放棄をした人は最初から相続人ではなくなるため、相続の順位が移動します。つまり、新たな相続人も相続放棄の手続が必要になります。

③ 限定承認

限定承認とは、プラスの財産の範囲内でマイナスの財産を引継ぐという条件付で相続を承認する方法です。つまり遺産を清算した結果、もし借金だけしか残らないような場合には不足分を支払う必要はなく、逆に借金を支払ってなお余りが出た場合にはその余った財産を受け継ぐことがでるというものです。遺産がプラスになるかマイナスになるかわからないようなときに有効な相続方法といえます。

限定承認は、相続放棄者を除く他の相続人全員がそろって行わなければならず、もし相続人中1人でも単純承認をした人がいる場合は、限定承認を選択することはできません。

限定承認の手続は、相続開始を知った時より3ヶ月以内に、家庭裁判所に限定承認申述書を提出して行います。限定承認手続では、相続財産管理人の選任や財産目録の作成、公告手続や債権者への返済など複雑な手続を行わなければなりません。

単純承認と違うことは、借金の清算を同時にやるところです。単純承認によって、債務を負ったとしても、いつその借金を返していくかは、相続人が債権者と話をしていけばいいですけど、限定承認の場合は財産管理人を選任して、調査などをおこないますから、非常に手間がかかります。

 以上が相続人からみた、相続における注意事項です。

これまで相続に関するお話をしてきましたが、 最後に、大切なことは、財産をもっている方は、生きている内から、財産がいったい自分にどれだけあるかをまずしっかり把握することです。その上で、どの財産を誰に受け継がせたいかを考えるということが大切になります。

また、相続人となる人からすれば、例えば、自分の親の財産がどうなっているかをよく話をして知っておくということが大事です。

最初にいいましたが、自分が死ぬことは誰しも考えたくないと思います。また、うちに限ってもめることはないと思うかもしれません。しかし、現実に、揉めることが沢山あるわけです。自分の大切な家族を守るためにも、元気なうちから、財産を把握し、よく話合いをするということを少しでも考えるきっかけになってもらえれば幸甚です。

ページの先頭へ