留置施設内での暴行

045

弁護士の佐藤です。

 

本日が午前中、破産事件の債権者集会で、ながながとやっていた事件はようやく終わりました。

 

 

 

ところで、昨日毎日新聞から

 

「警視庁板橋署は25日、同署に勾留していた男性(46)が留置施設の同部屋の男(32)から頭を踏みつけられる暴行を受け、死亡したと発表した。同署は男を傷害容疑で現行犯逮捕し、傷害致死容疑も視野に調べている。」

 

とのニュースが。

さらに、

「同署によると、現場は署内にある留置施設の3人部屋で、当時は男性と男がいた。今月4日午後1時25分ごろ、留置施設を巡視していた署員が『バン』という大きな音を聞いて部屋に向かうと、男が男性の顔を踏みつけていた。男性は意識不明の状態で病院に運ばれて脳挫傷など3カ月の重傷と診断され、24日に死亡した。男は暴行を認め、『なぜやったか分からない』と話しているという。」

 

とのこと。

 

で、かなり問題な点が、 「男は知人の車を壊したとして8月20日に器物損壊容疑で逮捕、起訴された。精神科への通院歴があり、医師の診察を受けさせたうえで同署で勾留していたという。傷害容疑で逮捕後、責任能力を調べるため鑑定留置されている。」

 

 

と報道されております。

 

本人の状況がよくわかりませんが、精神科への通院歴があるだけで当然差別的な扱いはできないとは思いますが、もう少し慎重な運営がなされるべきではなかったのかと思います。

 

接見をしていても、留置施設内のことというのは、よくわかっていないし、担当している事件では、なるべく不自由や困ったことがないか聞くようにはしているのですが、申し入れをしても改善されないところがあり、特に部屋をかえるといったことはなかなか言っても実現されないのではないかと思います。

 

いたたまれない事件です。

 

 

留置施設には、こういった事件を機に、検証と改善をしてもらいたいものです。

 

 

ページの先頭へ