牡蠣の天ぷら

IMG_5054 (002)

弁護士の佐藤です。

 

昨日は、夜、第72期司法修習生と食事をする時間がありまして、久しぶりに若い方々のエネルギーを感じた一日でございました。

 

 

私は第60期司法修習生でしたので、修習の記憶が薄れつつある状況の中、若い方々とお話すると、初心に返れるような気がして刺激を受けます。

 

 

そういえば、72期の修習生の中に、わたしがよくみているユーチューバーのきまぐれクックさんのファンという方がおり、意外なところで話が盛り上がりました。その修習生も、釣りと魚を捌くことが好きとのことで、タイミングが合えば、一度一緒に釣りにいけるとよいです。

 

 

で、本日は、再来週にひかえた医療観察の審判に向け、色々と準備をしておりました。医療観察の付添人という立場は、弁護士を長年やっていてもなかなか巡り会えるものではなく、その準備というのも、変な話、新鮮さがあり、これまた初心に返ったような気持ちになるものです。

 

 

とはいえ、付添人という仕事も、人の人生を左右する非常に重い仕事故、しっかりまわりとコミュニケーションをとって準備していきたいと思います。

 

というわけで、本日の最後に、最近食した絶品料理のご紹介を。

 

 

わたしが愛してやまない「そばの実」さんで、確か、冬期限定の牡蠣の天ぷらでございやす。

 

 

牡蠣は生牡蠣が一番だと思っておるのですが、その次ぎによいのが、この「そばの実」さんがつくる牡蠣の天ぷらといえます。写真のとおり、ただ、天ぷらであげているというわけではなく、牡蠣をのりで巻いて、さらに、柚をまぶすという代物で、口の中に頬張るや、なんともいえない食感と香りを楽しむことができます。

 

 

本当に絶品です。

 

 

もうぼちぼち今期は終了になると思ったので、牡蠣好きの方は是非一度ご賞味を。

 

 

 

ではでは、今週もまだまだ気合いをいれてがんばりまっす。

ページの先頭へ