無断駐車の裁判

IMG_0296

弁護士の佐藤です。

 

週末は台風直撃が予想され、明日の安倍川花火大会も、早々と中止となりました。日曜も開催されないことも決定されており、今夏開催されるかどうかは不明とのことです。

 

こればっかりは仕方ありませんが、毎年楽しみにしているので、なんとか、どこかで開催されるといいですね。

 

 

ところで、昨日、朝日新聞のネットニュースで、

 

「コンビニ店での連日の無断駐車で、賠償額は921万円。店側の訴えを認め、車の所有者に支払いを命じる判決が26日、大阪地裁で言い渡された。大阪府茨木市にある店側の記録によると、無断駐車は約1年半にわたり、車2台で計約1万1千時間。貼り紙などで何度注意しても応じなかったという。所有者は出廷せずに結審。1時間700円の『駐車料金』だけでなく、客や近隣の信頼を損ねたことへの慰謝料も加わって、その代償はお高くついた。」

 

との報道が。

 

 

これは非常に悪質ですよね。

 

 

無断駐車というより、投棄に近いのではないかと思いますが、おそらく、車の財産的価値はなく、被告も出廷していないことからすると、強制執行するような財産もわからないのではないかと思われます。

 

 

法的に、車をどかすことは可能ですが、現実的な金銭の回収は難しいのではないかと思います。

 

しかし、コンビニに車を放置するとは、本当にどういう心境なのでしょうか・・・。

 

 

まったく理解できず、腹立たしい事件ですね。

 

 

 

というわけで、今週もあとちょっと。

 

週末は台風がきますので、外出の際は、くれぐれもお気を付けを

ページの先頭へ