無断駐車の問題

029

弁護士の佐藤です。

 

 

今週もはじまってしまいました~。

 

今週は、ヘビーな調停や起案をしなければならず、常に頭をフル稼働させなくてはなりません。

 

で、本日はどしゃぶりです。

 

裁判所にいくために事務所を出たとたん、ザーザーです。

 

安定した雨男っぷりで、むしろ安心しましたよ。

 

さらに、先週の土日は、わたくしの中での花粉症のピークでございました。この時期、本当にしんどい・・。なので、雨はちょっとうれしい。

 

で、本日、友人から電話があり、ちょっとした法律相談を。

 

今まで相談を受けていそうで、なかったので、少しその内容をお話しますと、よく駐車場に、「無断駐車をしたら〇万円!!」などの看板があったりします。で、実際、無断駐車をしてしまった場合、看板に書かれてあるとおり、〇万円を支払う義務があるのでしょうか。

 

違法駐車をした者からすると、「無断駐車をしたら〇万円!!」との看板をみた上で無断駐車しているので、支払う義務があるようにも思えます。

 

しかし、結論からいうと、そのような金額を支払う必要は原則的にありません。

 

もっとも、損害を賠償しなくてよいというものでもありません。

 

無断駐車は、民法でいう不法行為(民法709条)にあたるため損害は賠償しなければいけないのですが、賠償の範囲は、あくまでも実際に生じた損害にとどまります。そして、その損害は、不法行為を受けた者が立証までしなくてはなりません。したがって、なかなか容易ではありません。

 

これに関連して、民法では損害賠償額の予定という規定があり、上記看板も損害賠償額の予定になるのではないかという話もあるのですが、上記損害賠償額の予定の規定は、契約当事者間で成り立つ取り決めであり、不法行為の加害者、被害者といった契約当事者ではない方々にはあてはまりません。

 

したがって、いずれにしても、看板に○万円との規定があっても、支払う必要はないのです。

因みに、私が以前言っていたラーメン屋さんの駐車場には、「違法駐車をしたら、タイヤの空気を抜きます」との看板を掲げていました。

 

これは、器物損壊になるので、やめましょう。

 

とはいえ、違法駐車が違法であることにかわりないので、みなさん、くれぐれもそのようなことはしないように。

 

では、今週もはりきってまいりましょ~。

ページの先頭へ