弁護士雑感

002

弁護士の佐藤です。

先週の土曜は、後輩弁護士の結婚パーティーでした。よいパーティーに参加させていただいて、ほっこりした気持ちになりました^^

その会で、初めて生でサンドアートなるものをみれて感動もしました。すごいっすね、瞬時に絵が変わる様は、、、

で、話は変わりますが、当然、静岡県の弁護士も多数参加した会です。

そのことでたまに聞かれるのですが、東京とか大阪の大都市と違って、静岡では、だいたい弁護士の顔は知っていて、所属する事務所は違えど、たまに飲んだりもする仲の弁護士も少なからずいます。

で、事件の相手方につく弁護士が、知り合いだったとしたら、不利になったりとか、適当にやられたりしないかとかの心配をされたりするのです。

もちろん、相手方の弁護士が知り合いだったりする事件はこれまでも多々ありました。

でも、断言できるのは、いくら知り合いの弁護士が相手であろうと、クライアントの不利益になるようなことは、一瞬たりとも考えたりはしません。

いくら知り合いだろうと、クライアントの利益を考えずに、仕事をしたら、まず弁護士としての首が飛びます。

そして、それ以上に、そんな生半可な気持ちで仕事ができるほど、この業界甘くないし、クライアントの利益のための仕事こそが仕事のやりがいであるのです。

なので、そこは誰が相手だろうと絶対に妥協しません。

もちろん、先輩も後輩も関係ありません。

そこはどうか安心して、依頼してもらいたいと心底思ってます。

 

で、今日も雨・・・。

本日は、午後尋問です。雨にもまけず、気合いを入れてがんばります!

 

ページの先頭へ