民法改正~情報提供義務③~

032

弁護士の佐藤です。

 

なかなか風邪がよくなりませぬ・・・。

 

本日は、午前中、裁判と打ち合わせ、午後は、電話会議と打ち合わせなどとなっております。

 

で、本日も、民法改正の中で、保証に関するお話ですが、本日も前回同様、情報提供義務に関するお話です。

 

 

前回は、債権者から保証人に対する情報提供義務で、期限の利益喪失に関するものでした。それで、保証人にとっては、期限の利益喪失以前の主債務者の履行状況もおおいに関心があるところですが、現行法には、その内容を知る手段の規定がありませんでした。

 

 

そこで、今回の民法改正により、新たに新設されたものが、主債務の履行状況に関する情報提供義務で、債権者は保証人から請求があったときは、主債務者の元本、利息、及び違約金等に関する①不履行の有無、②残額、③残額のうち弁済期が到来しているものの額の情報を提供しなければならないということになったのです。

 

もっとも、これらの請求をすることができる保証人は、主債務者から委託を受けた保証人に限られるということになっています。

 

 

このようにして、保証人は、主債務者の弁済状況をいつでも確認できることで、保証人の保護がはかられることとなります。

 

 

というわけで、本日も民法改正のうち、保証人に関する改正点をご説明しました。

 

 

 

明日から、青森の出張で、木曜、金曜と事務所を留守にします。

 

関係者の皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、ご理解の方、よろしくお願い申し上げます。

ページの先頭へ