本日の蕎麦

IMG_0551

弁護士の佐藤です。

 

週の半ばで色々へばりがちですが、GW目前です。

 

で、あらためてお知らせしますが、5月1日、2日と事務所自体はお休みをいただく予定です。

 

関係者の皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、ご理解の方、よろしくお願い申し上げます。

 

というわけで、GW目前なので、まだまだがんばらなくてはなりません。

 

 

そういえば、なのですが、わたくし、関東弁護士連合会の裁判官選考検討委員会というものに所属しておりまして、定期的に東京の会議に参加しているわけなのですが、この裁判官選考検討委員会というのは、国民のみささまはおろか、弁護士らにもどういう委員会か伝わっていないようで、少しだけ内容をご紹介したいと思います。

 

裁判官には10年に一度再任するかどうかを決める制度があるのですが、人事評価というものがありまして、これが、平成16年4月から、最高裁判所「裁判官の人事評価に関する規則」により、裁判所内部だけでなく、裁判所外部からの情報についても、再任につき配慮されるものとなったのです。

 

 

また、裁判官の人事評価に国民の意思を反映し、透明性・公正性を確保するために、最高裁に「下級裁判所裁判官指名諮問委員会(通称:中央委員会)」を設置し、最高裁に対し指名の適否について意見を述べる制度が平成15年よりスタートしているのですが、各高裁管内に地域委員会が設けられ、地域委員会が管轄内における候補者全員を対象として情報や資料を収集し、中央委員会に提供することとなっています。

 

そして、この関東弁護士連合会の裁判官選考検討委員会は、東京高等裁判所管轄区内に設置された東京地域委員会が適切に運営されるよう協力すること等を目的として、平成15年9月に発足したのであります。

 

と、長々とよくわからないことを話してしまいましたが、ざっくり話をすれば、裁判官の評価について外部も意見をいえ、それを再任の際考慮してもらったり、日々、問題のある裁判官がいないか、時に弁護士のアンケートをとるなどして、評価をすることなどもしているわけです。

 

これは非常に重要な制度なのですが、なかなか弁護士に周知されていないのが現状で、これをどう周知させるかが各委員の悩みのタネとなっております。

 

通常の業務以外にも、色々考えなければならぬことが多々あるのであります。

 

というわけで、簡単な説明でした。

 

最後に、本日のお昼は有言実行でお蕎麦です。

戸隠さんのカレー南。

 

普通の蕎麦よりもカレー南の方がカロリーが高いのではないかという一抹の不安がありましたが、ラーメンよりは低いであろうという思いとともに、ほぼスープまで飲み込んでやりました。

 

戸隠さんはネギを大量に用意していただけるので、ダイエッターにはありがたいものです。

 

ネギだけでどこまで腹がふくれるかわかりませんが、ないよりはあった方がよい。

 

美味しくいただきました。

 

まあ、しっかし、しんどい。

 

腹が減る。

 

FBは、ラーメンネタばかり・・・。

 

ダイエットをすることで人は幸せになるのでしょうか。

 

初日から情けない話ばかりですが、まだがんばります。

ページの先頭へ