本日の本

043

弁護士の佐藤です。

 

今週もいつのまにか始まっておりやす。

 

本日は午後一で、浜松で裁判でやんした。

 

この裁判もいよいよ大詰め。尋問の日程も決まり、あらためて気合いを入れなければなりません。

 

で、毎度地方の楽しみといえば、ラーメンでありまして、ネットで色々調べてラーメン屋さんに行くのですが、最近はそのネットのランキングに猜疑心が。

 

美味しいのにランキングが低くかったり、あまり美味しくないのにランキングが高かったり。

 

なので、常々思いますが、情報過多の社会の中、見極めるのに重要なのは情報ではなく、自分の頭なんですなあ。

 

 

あと、とある超有名サイトで掲載されているお店の住所なんですが、ちょいちょい間違っている・・。

 

 

なんでなんでしょ。

 

 

車のナビでしらべて、向かった先に店がないと、まあまあへこみます。

 

 

特に腹へっているとき・・。

 

 

 

で、話変わりますが、今読んでいる本があまりにつまらないため、昨日大量に本を購入してきまして、その一冊のご紹介。

 

 

北野武さんの本です。

 

 

すげえ共感できる本です。

 

 

道徳なんて授業、いわれてみれば昔あったような気がしますが、忘れているくらいなんで、そんなに心に響かなかったのでしょう。

 

 

そもそも道徳心なんて、授業で教わるものではなく、必然的にいつのまにか身につくものだと思っています。主に親からの影響で。

 

 

結局、価値観のことだし、価値観は育った環境でだいたい決まるものです。

 

 

だから、きっと千差万別だし、押し付けるものでもない。

 

 

僕自身、僕の価値観は両親と祖母の影響以外ありません・・・・多分。

 

 

それでいいと思っていますけど、右に倣えの精神が好きな日本の社会にズバズバいうこの本は面白いし、みなさんに知ってもらいたいことだと思っております~。

 

ページの先頭へ