本日のラーメン

001

で、弁護士の佐藤です。

本日は、午前は、破産事件の債権者集会、と非弁委員会がらみの打ち合わせ、午後は、静岡家庭裁判所島田出張所で調停でございやした。

ちゅーわけで、お昼は島田でラーメンを。満を持して登場、島田の名店、燕さんで、燕黒ラーメンを。燕さんといえば、塩ラーメンが超有名ですが、燕黒ラーメンは、新メニューらしく、出汁が煮干しの醤油ベースで、背脂が沢山のっておりやんす。

煮干しといっても、えぐみや苦さはなく、上品なスープに、背脂がほどよくこってりしていて、美味しくいただきました~。因みに、何で、黒、なのかはわかりません。

で、先日は、久しぶりに清水エスパルスの選手やスタッフと食事をしました。元紀、河井、浩太、枝村は、もうかれこれ数年来の付き合いで、彼らや若手とと久しぶりに楽しい時間を過ごせましたわ。相変わらずのナイスガイ達です。とはいえ、低迷しているエスパルス。選手達も色々試行錯誤しています。なんとか、セカンドステージは巻き返してもらいたいですね~。セカンドステージ制、思いっきり反対ですけど。

で、話が変わりますが、昨日から、色々試練の時間を過ごしています。前にも言いましたが、弁護士の仕事は、決定権限者(裁判官や検察官)を説得、理解してもらうために、一生懸命活動する仕事です。結果を保障できるものではありません。

決定権限者がいるから、当然、よい結果も悪い結果も経験します。やらなきゃいけないことは全部やった上での決定なので、悪い結果に対しても、仕方がない・・・・と思わなければいけないこともありますが、中には、本当に納得できず、正直無念さよりも怒りを覚えたりもする事件もあります。弁護士が動揺してはいけないし、依頼者に対してはポーカーフェイスでなきゃいけないと思っておりますが、内心は、はらわた煮えくりかえるくらいの思いもあるのも事実です・・・。昨日、今日とそんな時間でした。何言っているのかわからないでしょうが・・・。

大事なことは、気持ちを切り替えて、次の目標に向かってやれなければいけないことをすべてやるということですね。

がんばりまっす!

 

 

 

ページの先頭へ