最近の報道

048

弁護士の佐藤です。

 

 

本日は午前中、久々の刑事公判でした。

 

 

刑事事件も民事事件も人の人生に関与することなので、それにかける情熱や重さは同じだと思っていますが、刑罰という国家権力と対峙する刑事事件の法廷はなんとなく空気の重さが違っている感じがして、身が引きしまる思いです。

 

 

で、刑事事件に直接関係しないのかもしれませんが、最近、違法カジノやら不倫やらCM中止やら、色々ワイドショー的な話題に事欠かないのですが、最近の報道は、報道というより、なにか悪意のあるイジメに近い気がします。

 

 

不倫も違法カジノもダメはダメなんで一定のペナルティはあってしかるべきとは思うんですけど、直接の被害者ではない世論やマスコミがこぞって叩きまくりますよね。

 

 

でも、そんな完膚なきまでに叩きまくらなきゃいけないことかと。

 

 

あやまちを犯した人なんていないはずないのに、叩きまくるのは、ある意味、ただのストレス発散じゃないかと思うんですよね。

 

 

何回も同じこと繰り返すならまだしも、一度の失敗なら、チャンスを与える日が来てもいいように思います。

 

 

それはやっぱり刑事弁護に通じることですね。

 

 

全体的にストレスをもっと軽減できる世の中にしたいものです。

 

 

というわけで、午後は、家庭裁判所で家事調停、夕方から非弁取締と司法修習のダブルの委員会などまあまあタイトなスケジュール、気合い入れてがんばります。

ページの先頭へ