日曜日の雑感

037

弁護士の佐藤です。

 

いつのまにか今週もはじまっておりました。

 

本日は、午前中清水簡易裁判所で裁判、午後は1時半から尋問で、5時すぎまで尋問をやっておりました。

 

久しぶりの反対尋問などもあり、少々疲れましたね。

 

ところで、先日の日曜日、なぜか腹痛がひどかったので、自宅で久しぶりのボケーっとテレビを見ていたのですが、運がよいことにWOWOWで、パッキャオの防衛戦がライブで放送しておりました。

 

わたくし、大の格闘技ファンなのですが、ライブでパッキャオの試合を見るのは初めてで、かなりわくわくしながら見ておりました。

 

とはいえ、圧勝と予想されていた相手にまさかの判定負け。判定の結果は、見ていた感じ、疑問に思うところもなく、なんとなくパッキャオの衰えを感じた試合でした。

 

ただ、すごいと思ったのが、パッキャオ陣営のカットマンという止血する人の腕のすごさ。

 

バッティングがあったみたいで、途中からかなりの出血を頭部からしていて、なかなかチが止らない箇所と解説で言っていたのですが、セコンドに戻るたびにきれいに止血されている。これはなかなかすごい光景でした。

 

 

一流には一流のスタッフ、チームがつくのですね。

 

で、負けたといえば、ついに将棋の藤井さんも負けてしまいました。ルールがまったくわからないにもかかわらず、ネットで様子をみていたのですが、どうなっているのかさっぱりわからないので、ネットを見るのをやめた後、速報で藤井さんが負けたとのニュースが。

 

非公式戦で負けた相手ということで、将棋も相性みたいなものがあるのでしょうか。

 

まあ、偉そうになにか言える立場にまったくないですが、失敗や負けたことの経験からの方が、よい勉強になることは間違いありません。

 

 

これからの藤井さんが楽しみです。

 

 

 

最後に、これも日曜の話ですが、都議選。

 

都民ファーストの圧勝で、自民党の惨敗でした。

 

正直、予想できたところですが、都民ファーストへの期待というよりも、自民党に対する失望から、この結果ではないかとわたしは思っております。

 

だからこそ、一昔前の当時の民主党みたいにだけはなってほしくないです。本当に心から思います。

 

これで、都民ファーストが信頼を裏切れば、政治に対する興味はことごとく失われるような気がしてなりません。

 

 

本当に今後の動向に注目です。

 

 

というわけで、とりとめもなく色々書いてしまいましたが、本日夜から台風が接近するようです。

 

みさなま、外出の際にはくれぐれもお気を付けください。

ページの先頭へ