少額訴訟について

024

弁護士の佐藤です。

前回は支払督促についてお話しましたが、今回も手続一つである少額訴訟についてお話したいと思います。

少額訴訟は、あくまでも訴訟であり、審理を要する点で支払督促と異なります。しかし、通常の訴訟と比べると、以下の点で違いがあります。

ます、60万円以下の金銭を請求する場合にしか利用できません。

簡単な制度であるかわりに、利用できる金額に制限があるのです。

次に、基本的に一度の裁判で解決でき、素早い解決ができるというものです。 これは、少額訴訟制度のもっとも大きな特徴といえるでしょう。基本的に、1回の裁判で審理を終え、和解や判決により事件を解決することが予定されています。ただし、逆にいうと、第1回目の裁判が終わるまでに必要な資料や証人などをすべて用意する必要があります。

もっとも、 少額訴訟による裁判を起こしても、相手が普通の裁判を希望すれば、支払督促の場合と同様に通常の裁判になってしまいます。

従って、支払督促と同様に、相手方が争わないと思われる場合に利用することになります。

なお、少額訴訟は、1人の人や1つの会社が起こせる回数に制限があり、1年間に10回までしか利用できません。普通はこの回数を超えることはないでしょうが、一応注意が必要です。

少額訴訟も、支払督促同様、適した事件というものがあり、証拠の見方という点でも工夫が必要になることも多々あると思います。少額訴訟をお考えの方は、是非当事務所までご相談ください。

ページの先頭へ