安倍川花火大会

IMG_1503

弁護士の佐藤です。

 

今週もはじまりました。

 

今週は、頭から民事事件の尋問で、和解の話を含め、午後はほぼ裁判所におりました。

 

無事和解ができ、しかも、内容としては勝訴的和解であったため、ほっとしております。

 

和解とは、裁判が始まったのち、タイミングは色々ありますが、判決の前にお互い歩み寄って、解決できないかというもので、金銭請求の場合には、お互い譲歩した数字を検討して、和解ができるかどうかを探ったりします。

 

その和解には、勝訴的和解と敗訴的和解というものがあり、まあ、評価なので、人それぞれ感じることが違うため、主観的問題にはなりますが、請求金額と和解金額を見比べて、勝訴的和解と感じたりするのです。

 

勝訴的和解なら、判決まで持ち込めばよいと思うかもしれませんし、実際判決で、というパターンもありますが、例えば、勝訴判決をもらっても、手続的に控訴されれば、またお金と労力、時間を費やすこともあるため、少ない金額を払うことで、早期に終わらせるということもあるのです。

 

わたしは、常々、白黒つけることもそうですが、それ以上にご依頼者様の心の平穏を取り戻すことが仕事だと思っておりますので、今回のようにご納得いただき、笑顔で事件を終了させられることほど嬉しいことはありません。

 

今後もがんばります。

 

 

ところで、先週の土曜日は、安倍川の花火大会でございました。桟敷席のチケットをもらい、久々に近くでみました。桟敷席でみるのなんて、子どもの頃以来だと思います。

 

そういえば、よく弟が迷子になっていたような。

 

で、本当にすごい迫力で、感動しました。

 

ただ、やはりというか、またかというか、途中から、雨男恒例の雨が降ってきまして、合羽も傘もなかったので、途中退散せざるを得なくなりました・・・。

 

しかも、安倍川をあとにした瞬間、雨がやむという・・・。

 

まあ、こんなもんです。

 

というわけで、今後もジメジメした日が続くと思いますが、暑さに負けず、今週もなんとか乗り切りたいと思います。

 

ページの先頭へ