失火法

IMG_1877

弁護士の佐藤です。

 

ここ数日、底冷えするような寒さが続いております。

 

ところで、先日の勉強会の中で、ちょっと話題になったことがありまして、この冬の乾燥する時期に危険なことが火事でありまして、そこから、失火法の話になりました。

 

失火法とは、なかなかなじみのない法律だと思いますので、簡単に説明を。

 

例えば、ですが、自宅が火事になってしまい、それが隣の家を延焼させてしまった場合、民法によれば、火事を起こした人が、隣家を燃やしてしまったことについて損害賠償義務を負うかいなかは、その人に火事に対して、故意または過失があるかないかが問題となります。

 

ところで、この点に関する特別法が失火法でございまして、失火法には、

 

「民法第709条 の規定は失火の場合にはこれを適用せず。但し失火者に重大なる過失ありたるときはこの限りにあらず」

 

と規定されているのです。

つまり、失火の場合には、民法の不法行為は適用されず、過失があるだけでは、損害賠償義務を負わないこととなり、ただし、重過失がわる場合には、例外的に損害賠償義務を負うこととなるのです。 この失火法は、明治32年に制定された古い法律で、日本は昔から木造家屋が密集しており、火災が発生すると類焼しやすい住環境にあり、自宅を失った上に延焼させた人に損害賠償責任を負わせるのは個人の賠償能力をはるかに超えるといったことなどが背景があるようです。

 

現在では、木造家屋が昔に比べ減ったとはいえ、いまだこの法律は存在します。

 

なので、隣の家が火事になり、自分の家に燃え移っても、損害賠償を請求できない可能性があり、火災保険に入っていないものなら、悲惨な結果になりえます。

 

 

とはいえ、背景事情が法律施行時と異なっているので、今後の改正の可能性はあるのかもしれませんが。

 

 

というわけで、失火法に関する簡単なご説明でした。

 

 

本日はまだまだ審判、打ち合わせ、新規のご相談など盛りだくさんです。

 

がんばります!

ページの先頭へ