地獄

IMG_0622

弁護士の佐藤です。

 

 

いつのまにか、今週が木曜になっておりました。

 

 

というのも、先週、久々に地獄をみやした。

 

 

先週の土曜、朝からなんか風邪っぽいなあと思いながら、午前中の仕事先へ行き、無難に仕事をこなし、午後の用事をすませ、夕方帰宅したのですが、熱っぽいので、熱をはかると微熱が。

 

 

そういえば、仕事終わりに腰をひねり、軽いぎっくり腰をやったので、腰の炎症か、とも思い、特に気にせず、普通に生活していた矢先、体が重くなり、再度熱をはかると、今度は38度に。

 

 

これはまずいと思い、7時くらいにベッドに入ったのですが、うとうとして目覚めた午後9時頃、体がおもいっきり寒気がするのでまた体温をはかると、39度に。

 

 

うげぇ~と思いながらも寝ればなおるさと思い、またうとうと。

 

 

目覚めたあとが地獄で、12時頃だったと思いますが、今までにない体の熱さと呼吸の荒さにびっくりし、熱をはかると40度弱。

 

 

まあ、こんなんで救急車呼ぶわけにもいかず、また、夜間の外来の大変さもわかっているのでひたすら我慢していたら、おかしなことに、体全体が痺れてきて、しまいには硬直し、唇以外がまったく動かない事態に、、、。しかも、硬直によって体に激痛が、、。

 

 

人様の苦痛がどの程度がわからないので、自分のこれまでの苦痛と比べたところ、ベスト1.2位を争える痛さと恐怖心。

 

 

ちなみに、もう一つは数年前にあじわった食中毒による腹痛でしたが・・。

 

 

で、まあ、本当に救急車のスタッフのみなさま、病院のスタッフのみなさまが忙しくされていて、高熱ごときでお呼びするのも心の底から申し訳なかったのですが、183センチの動かなくなった体、しかも、最近激太りした体を持ち上げられる人は家族にはおらず、かといって放置する勇気もなく、痛みと硬直の怖さに負け、大変なお世話とご迷惑をおかけするはめになったのでした。

 

 

点滴と変な薬で、硬直もとれ、2時くらいには帰宅できたような。

 

 

最後、お医者さんの説明があり、いつのまにか血液をとって、検査していたみたいで、肝臓の数値が「少々」高い以外は、血液はなんの問題もないですって。たがら、数日耐えればなおると、、。

 

数日耐えるんかい!とも思いましたが。

 

日頃の飲酒量からすれば決して「少々」なんかになるはずないのに、「少々」という言葉に逆に勇気をもらい、また、近年健康ブームで、みんなで検査を受けようというわが事務所の流れに一番に抗っていたわたしが、なぜか一番に血液検査の結果を知るという解放感とともに、まだまだ、俺、いける

 

 

と、確信した土日でした。

 

 

とはいえ、月、火と実質、おやすみいただきましたが・・。

 

 

すんませんでしたm(_ _)m

 

 

健康でいると、不健康がいかに不幸か忘れます。

 

 

いい歳になってきたので、健康でいられることがいかに幸せなことか日々おぼえていかないといけません。

 

 

そして、健康でいられるために、努力をしなければいけませんな、、。

 

 

本当に情けないので、真面目に気をつけます、、。

 

 

 

最後に、地獄といえば、読売ジャイアンツ。

 

 

球団連敗記録更新中で、まあ、アンチ巨人のわたしならすれば嬉しい限りなのですが、今回の連敗はちょっとひどい。

 

本当に心の底から弱いと思う。

 

 

強制的に引退をつきつけられ監督になった由伸監督に同情もしますが、正直、監督の才能はないし、若手は伸びてないし、一番はFAにしか興味ないフロントの体質かと。

 

 

その点、広島や日ハムはいいですよねえ。

 

 

特に広島は。

 

 

育成が充実しすぎてる。

 

 

充実さからすればセリーグは今年も広島なのかもしれませんが、セリーグは巨人がある程度強くないとつまらないので、もうちょい頑張ってもらいたいものです。

 

 

というわけで、色々申し上げでしまいました。

 

 

色々やらかした分、とりもどせるようがんばります!

 

ページの先頭へ