労働安全衛生法施行規則の改正

010

弁護士の佐藤です。

 

今週は台風をともにはじまりました。

 

今はまだそこまでひどくないのですが、静岡市に避難準備がでるなど、夜にかけて非常に心配ですね。

 

で、本日は夜、仲間と立ち上げた勉強会の初日で、先ほど発起人に、「今日、本当にやるのか?」と確認したところ、「小学校の運動会じゃねえんだから、やるに決まっているだろ。」とご回答いただきました。

 

了解です。

 

なんかあったらこの人のせいにしよう。

 

 

 

ところで、遺産分割に関する交渉が、本日、2件まとまりました。週の頭から、交渉がまとまるというのは気持ちがよいものです。遺産分割というのは、揉めに揉める事案が比較的多いのですが、交渉段階でまとまるというのは、多数の関係者のご理解とご協力によるものです。

 

色々感謝です。

 

 

最後に、昨日のニュースからですが、読売新聞が、「過労死を防ぐため、厚生労働省は、労働安全衛生法(安衛法)施行規則を改正し、従業員の労働時間を適切に把握することを企業などの義務として明記する方針を固めた。」とのこと。

 

これは非常に重要なことで、残業代の請求等、労働者側の労働事件では、勤務実態の立証というのは、企業側が管理していたり、もしくは、していなかったりで、立証の面でいつも苦労するところでした。

 

違反した場合の罰則規定がどうなるのか、例外規定があるのかなど、まだ議論の余地があるのかと思いますが、過労死や賃金、残業代の未払といった相談は、法律相談の中でも、かなりの割合をしめるほど、数多くの労働者が苦しんでいる実態を聞いてきました。

 

この改正が、色々な意味で今後の労働者の負担軽減に繋がるといいですね。

 

 

ではでは、これからの外出を予定している方々は、くれぐれもお気を付けください。

ページの先頭へ