刑事事件9~冤罪事件について(松山事件)~

017

弁護士の佐藤です。

本日も、日本で実際に起きた冤罪事件を紹介します。本日は、松山事件です。

この事件は、1955年10月18日、宮城県志田郡松山町の農家が全焼し、焼け跡からこの家に住む一家4人である家主(当時54歳)、家主の妻(当時42歳)、夫婦の四女(当時10歳)と長男(当時6歳)の焼死体が発見されました。遺体解剖の結果、長男以外の頭部に刀傷らしきものが認められ、殺人および放火事件として捜査本部が設置されました。

事件発生後、1ヶ月で捜査は暗礁に乗り上げ、犯行当日以降に地元を去った人間を調査したところ、東京の板橋区に勤務していた斎藤幸夫さん(当時24歳)が浮上。12月2日、警察は斎藤の身柄を拘束するため、示談成立している喧嘩を傷害事件として別件容疑に、東京に勤務している事実を家出と偽り逮捕状を請求して逮捕しました。同月8日以降、斎藤さんは警察の厳しい取調べで自白しては、撤回を繰り返していましたが、同月8日、警察は強盗殺人・放火の疑いで逮捕、12月30日に起訴しました。

その後、一審では、1957年10月29日、仙台地裁で死刑判決、1959年5月26日、仙台高裁でも控訴が棄却され、さらに、1960年11月1日に最高裁で上告が棄却、死刑が確定しました。

斎藤さんは無罪を訴えて再審請求を開始し、やがて第2次再審請求が認められ、1979年12月6日に再審が認められました。警察は留置所に前科5犯のスパイを送り込み、「警察の取調べで罪を認めても、裁判で否定すればいい」と斎藤さんに言って自白に追い込んでいたことが判明されました。また証拠とされた男性の掛け布団の血痕は、警察の捏造であるとされたのです。

1984年7月11日に無罪判決が言い渡されました。28年7ヶ月にも及ぶ獄中生活に終止符が打たれて無罪となった斎藤は7516万8000円の刑事補償金を受け取るものの、裁判費用の借金返済に消え、再審請求以降の裁判費用は借金ができず、支援団体のカンパでまかなっていました。その後、故郷に戻り、仙台市の弁護士事務所で一時期、働くなどし、その後、鹿島台町の自宅に戻り、母と暮らしながら清掃員などとして働いていました。アムネスティ日本支部などの団体で講演活動をしていましたが、長期間死刑囚として過ごした間の年金は支給されず、晩年は生活保護を受給していました。

無実の罪で身体拘束を受けた代償はお金でまかなえるものではありません。そして、刑事保証金を受けても、裁判費用等で消えてしまいます。国の補償のあり方も考えさせられますね。

ページの先頭へ