刑事事件8~冤罪事件について(財田川事件)~

045

弁護士の佐藤です。

本日も日本で起きた冤罪事件を紹介します。本日は財田川事件です。

この事件は、1950年2月28日1、香川県三隆郡財田村で、闇米ブローカーの男性(当時63歳)が全身30箇所を刃物でめった刺しにされて殺害され、現金1万3000円を奪われたものです。同年4月1日、隣町の三豊郡で2人組による強盗事件が発生した。その事件の犯人として谷口繁義さん(当時19歳)ともう1人が逮捕されました。この2人は『財田の鬼』と近隣で嫌がられていた不良組で、警察はこの2人を殺人の容疑で取り調べたのです。もう1人はアリバイが証明され釈放となりましたが、谷口さんはアリバイ成立に疑惑が残ったため、約2ヶ月に渡って厳しい拷問による取調べの結果、自白の強要により、8月23日、起訴されました。

1950年11月6日に高松地方裁判所丸亀支部で第一回の公判が行われ、裁判で谷口さんはアリバイと拷問による自白だと強く主張し、冤罪であると訴えました。これに対し検察側は、取調べ中にまったく出ていなかった、谷口さんが犯行時に着用したとする国防色ズボンに微量ではあるが被害者と同じO型の血痕が付着しているという物的証拠があり有罪であると主張しました。

この血痕鑑定は、当時日本の法医学の権威であると賞賛されていた古畑教授による鑑定であったのですが、後に実際の検査は古畑教授の門下生の大学院生が行っていたことが判明しました。後にこの物的証拠は弁護側から谷口さんの衣類押収の際に捏造されたものと主張したのですが、多くの証拠品が破棄されているため、真実は不明とされています。

この物的証拠と捜査段階での自白が信用できるとして、1952年2月20日、高松地方裁判所丸亀支部は死刑判決を下しました。谷口さんは控訴しましたが、1956年6月8日、高松高等裁判所で控訴を棄却され、1957年1月22日、最高裁判所も上告を棄却し、谷口の死刑判決が確定しました。

再審の公判では谷口さんは改めて拷問による自白を訴え、矢野は谷口の自白と現場検証の矛盾を突きました。また、地裁で出廷していた東大の教授が科学の進歩によりこれまで解明できなかった血痕に関して、谷口さんの衣類に別の血痕が混じっており、警察・検察がばら撒いたことを示唆しました。また捜査機関による自白調書の信用性に対する疑問も主張しました。再審の結果、1984年3月12日に高松地裁は、被告人の自白には真実ではないとの疑いがある上、唯一の物的証拠であるズボンも事件当日に着用していた証拠はないとして、本事件と被告人とを結び付けえる証拠は存在しないとして、無罪を言い渡したのです。

なお、この前提となる再審請求については、谷口さんは1964年に「3年前の新聞記事によれば古い血液で男女を識別する技術が開発されたとあるが、自分は無実であるからズボンに付着した血液の再鑑定をおこなってほしい」と記した手紙を高松地裁に差し出していました。その手紙は最高裁判決から12年後の1969年、高松地裁丸亀支部長であった矢野伊吉裁判長によって5年ぶりに発見されたのですが、矢野さんは疑わしく思える部分から再審の手続きを済ませ、再審に乗り出したところ、開始直前に反対運動が起こり、「手紙ごときで再審はおかしい、引っ込め」などの暴言をうけました。矢野さんは裁判長を辞め、弁護士として再出発し、谷口さんの弁護人となって新たに再審請求をおこなったのです。

ページの先頭へ