刑事事件7~冤罪事件について(免田事件)~

001

弁護士の佐藤です。

本日も実際におこった冤罪事件についてお話します。本日は、免田事件というものです。

この事件は、1948年12月30日、午前3時頃、熊本権人吉市で祈祷師夫婦(76歳男性・52歳女性)が殺害され、娘2人(14歳と12歳)が重傷を負わされ、現金が盗まれたものです。現場検証から犯行時刻は12月29日深夜から翌12月30日午前3時の間とされました。翌1949年1月13日、警察は熊本県在住の免田栄さん(当時23歳)を、玄米を盗んだ罪で別件逮捕し、同月16日には殺人容疑で再逮捕しました。この3日間余りの間、警察は免田さんに拷問と脅迫を加え、自白を強要しました。同月28日に強盗殺人で起訴。免田さんは第1審の第3回公判で自白は拷問で強要されたものであり、事件当日には特殊飲食店の女性と遊興しておりアリバイがあるとして無罪を主張しましたが、1950年3月23日、熊本地裁八代支部は死刑判決を言い渡しました。免田さんは控訴しましたが1951年3月19日に福岡高裁は控訴を棄却し、上告に対しても、同年12月25日、最高裁は上告を棄却し、1952年1月5日に死刑が確定しました。

免田さんは再審請求を行いましたがが、第5次請求まで全て棄却されました。そして第6次再審請求が承認され、19799月27日に再審が開始したのです。

再審ではアリバイを証明する明確な証拠が提示されたこと、検察側の主張する逃走経路に不自然な点が見受けられたことなどが指摘され、1983年7月15日、発生から34年6か月後、死刑囚に対しては初となる再審無罪判決が言い渡されました。

なお、免田さんは、身柄解放後も、無罪判決が出たとはいえ、真犯人が捕まっていないことなどから、地元の住民から奇異な目で見られ、地方に引っ越しをしたとのことです。

無罪判決がでたとはいえ、住民の変な疑いの目などを消し去ることはできないのかもしれません。ここにも冤罪事件の虚しさがありますね。

ページの先頭へ