刑事事件6~冤罪事件について(島田事件)~

img_10_full

弁護士の佐藤です。

前回、自白強要の危険性についてお話しました。そこで、今回からしばらく、日本の刑事事件の中で起きた冤罪事件について、いくつか紹介したいと思います。

本日は、島田事件についてです。

この事件は、1954年3月10日、静岡県島田市の快林寺の境内にある幼稚園で卒業記念行事中に6歳の女児が行方不明になり、3月13日に女児は幼稚園から見て大井川の蓬莱橋を渡った対岸である大井川南側の山林で遺体で発見されたというものです。

静岡県警の司法鑑定医師は司法解剖の結果、犯人が被害者の女児の首を絞めて被害者が仮死状態になった後、被害者に対する強姦の有無は不明だが性器に傷害を負わせ、その後に被害者の胸部を凶器不明のもので打撃して殺害したと鑑定しました。

1954年5月24日、静岡県警が重要参考人としていた赤堀政夫さん(当時25歳)が職務質問され、法的に正当な理由無く身柄を拘束され、島田警察署に護送されました。

警察は赤堀さんを窃盗の被疑事実で別件逮捕し、警察の尋問室の密室の中で拷問を行い、被害者の女児を性犯罪目的で誘拐し殺害したとの供述を強要した結果、赤堀さんに被害者の女児を誘拐し強姦して性器に傷害を負わせ、胸部を握り拳サイズの石で打撃した後、首を絞めて殺害したとの虚偽の供述をさせて供述調書を作成し、その旨を報道機関に公表したのです。

赤堀さんの裁判では赤堀さんは捜査段階で「警察官に拷問され、虚偽の供述をさせられたが、自分はこの事件に関していかなる関与もしていない、無実である」と主張しましたが。第一審の静岡地方裁判所は、1958年5月23日、赤堀さんに対し、死刑判決を下しました。そして、東京高裁、最高裁でも控訴、上告を棄却され、1960年12月5日、赤堀さんの死刑判決が確定しました。

その後、弁護団は、再審請求をし、1986年5月30日、静岡地裁は赤堀さんと弁護人の第4次再審請求を棄却しましたが、抗告審の東京高裁が再審開始を決定し、審理を静岡地裁に差し戻しました。そして、1,989年7月31日、再審の静岡地裁は赤堀さんに無罪判決をしたのです。実に、約34年もの間、赤堀さんは、無実の罪で身柄を拘束されていたことになります。

再審では弁護人は被害者の殺害方法について東京医科歯科大学教授の太田伸一郎氏らに再鑑定を依頼し、古畑教授の鑑定結果に問題があり、捜査段階の鈴木完夫医師の鑑定結果を支持する鑑定結果を報告したことが決めてとなりました。

どの事件でもそうですが、冤罪事件というのは、無実の罪で身柄拘束された人だけでなく、事件の被害者の遺族もさらなる被害者といえます。非常に胸が痛い事件です。

ページの先頭へ