出版社について

005

最近、神戸連続児童殺傷事件の加害者の手記の出版が色々物議を醸しています。

 

読んでない立場で何かいうのもなんなのですが、憲法の範疇でいうなら、表現の自由がある以上、出版するのも自由。あとは、買い手が判断すればいいだけのこと。

 

加害者がどういうつもりで、このタイミングで本を出版するに至ったかはわかりませんが、僕の勝手な推測を言わせていただくなら、単純に出版社の暴挙以外のなにものでもないかと。

 

当然、本を出すにしても、著者の希望だけで本は出せません。自費出版ならまだしも。

 

最近思うのは、本が売れなくなったこのご時世で、マスコミのやり方が、なりふり構わなくなってること。

 

いくら憲法で表現の自由が規定されていようと、何でもかんでも許されていいわけじゃないと思うんです。表現の自由が保障された背景は、国が表現の自由を規制して、必要な情報を国民に与えないようにしてきた時代背景があったからであるからこそ。

 

でも、今のマスコミのあり方は、金儲け主義。話がそれますが、芸能人のプライベートな報道もそうです。やったもんがち。プライバシーの侵害で訴訟をしても、裁判で認容される額はマスコミが報道によって得た利益からすると、たかがしれてる額です。

 

今回の神戸連続児童殺傷事件の加害者の手記の出版も、本当に加害者が出したかったのかなあと疑いをもってます。出版社が話をもっていったんじゃないかと。

 

このタイミングで本を出版して、評価する人間がどれだけいるか。普通に考えれば、批判にさらされるのは当たり前のことです。唯一得をするのは出版社だけです。

 

もしくは、よしとするはなら、筋を通して、被害者遺族の同意を得たときです。

加害者心理という意味なら、法律家として興味はあります。それは、犯罪者の再犯可能性につながるからです。でも、それを知ってほしいなら、今後の犯罪をなくすためを思ってるたら、それなら、わざわざ出版しなくても、その手記を無料で、どんな手段でも、公開すればいい。

 

今回の問題に関しては、出版社の傲慢さを大いに感じざるを得ないものと考えています。

 

ページの先頭へ