先日の流しそうめん

IMG_0658

弁護士の佐藤です。

 

今週も金曜日となりました。

 

本日は、とある行政事件で、訴訟参加の申し立てがありました。

 

聞き慣れない言葉かもしれませんが、訴訟参加とは、訴訟の途中から、訴訟外の第三者が新たな当事者として参加し、当事者が複数になることを言います。

 

さらに、訴訟参加には、独立当事者参加といって、自ら当事者として請求していくものと、補助参加といい、従前の当事者の一方を勝たせるために、当事者としてではなく、補助的に参加するものがあります。

 

独立当事者参加の例としては、例えば、AさんがBさん相手に、土地の所有権の確認を求める裁判を起こしたところ、Cさんが、実はこの土地は自分のものだと、その訴訟に参加する場合があります。

 

また、補助参加は、保証人が債権者から保証債務の履行を求められて裁判を起こされて、保証人が敗訴した場合、求償による請求を受ける主債務者が保証人を勝訴させる目的で、保証人側に参加するような場合があります。

 

 

まあ、あまり詳しく述べても仕方ありませんが、訴訟類型として、このようなものもあるという簡単なご紹介でございました。

 

とはいえ、これが認められると、訴訟の内容としても複雑になるものであり、なかなか気合いを入れて対応しなければなりません。

 

がんばります。

 

 

では、本日の最後に、蕎麦ネタに飽きてきたので、GWに行った流しそうめんのお店の紹介を。

 

わざわざと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、山梨県の昇仙峡近くにある円右衛門さん。

 

景色もきれいで、横は川が流れており、涼しく、これからには大変よい場所でございます。

 

 

まあ、こういうところで食べる素麺は格別です。

 

 

すんごい遠いけど・・。

 

 

ドライブと素麺が好きな方は是非!

 

ではみなさんよい週末を。

ページの先頭へ