先日の映画

003

弁護士の佐藤です。

 

本日は、午前中、静岡地裁で民事裁判、午後は、東京高裁で、刑事事件控訴審の判決期日です。

 

同じことを毎日のように言っておりますが、10月もあと一週間でおわりで、今年もなんと、11月と12月しかありません。

 

この時期は年末にむけて、なんとなくそわそわしてしまって、ハロウィンなんかに浮かれている余裕なんてありません。年内に片付けたいものも出てくるので。

 

というか、ハロウィンがなんなのかいまだによくわからず、そもそも、いつ頃からこんなに盛り上がるようになったのでしょうか。

 

 

で、ハロウィンが終わると、いよいよクリスマスモードになるわけで、子どもとカップルのテンションが盛り上がるのと反比例して、わたくしのテンションと財布の中身が寂しくなっていくわけであります。

 

まあ、別にいいです。

 

ところで、最近、すっかり寝る前に映画を観る習慣がついてしまったのですが、最近少々邦画にはまっておりまして、先日は、宮沢りえさん主演の、「湯を沸かすほどの熱い愛」という映画を観ました。

 

題名のとおり、限られた時間の中で、子どものために一生懸命愛を注ぐ物語ですが、内容もさることながら、宮沢りえさんと助演の杉咲花さんの演技が凄まじかったですね。

 

特に杉咲さんは、「トイレのピエタ」という映画も観たのですが、末恐ろしい新人女優さんだと思います。

 

今後のご活躍が楽しみですね。

 

 

 

というわけで、これから東京です。

 

先日、三津間が勝ち取った逆転無罪判決を読みながら、向かいたいと思います。

ページの先頭へ