先日の丼

001

弁護士の佐藤です。

 

 

月曜です。

 

 

今週も気合いいれてやります。

 

 

で、最近たまに思うのですが、人様の生活の中での弁護士の関わり方というのが、近年大幅に変わってきた気がしてます。

 

 

例えばです。

 

 

わたしが幼少の頃は、人様の家のブロック塀に向かってボールをなげたりして野球遊びをしており、たまにボールがそれると、塀を越え、その先の窓ガラスを割り、大惨事になるということがごくたまにありました。たしか、ごくたまに。

 

 

で、ごくたまにでも、あっただけでその方からすれば許しがたいクソ生意気なガキの行為になるのでしょうが、当時は、親と謝罪に行くことて許してもらったし、ガラスを割った記憶が一度ではないので、複数回謝罪にいっているはずです。

 

でも、そんなに大事にはなりませんでした。

 

 

漫画やアニメの世界でも近所の雷オヤジがいて、怒られることはあっても、弁護士や裁判所がかかわることはまずないし、当時もきっとそうだったのでしょう。

 

 

で、最近はというと、何でもかんでも許さず裁判という事例が増えた気がします。

 

 

数週間前の先輩弁護士との話でもそんな会話になりました。

 

 

ストレスフルな社会になってきたことも関係あるのかもしれませんが、心のキャパシティやゆとりの問題なんですかね。

 

 

権利意識の多様化で実際きっとわたしらの業界は仕事が増えたのは事実だと思います。

 

とはいえ、事件がまとまりにくくなったのも事実かと。

 

 

先ほどのガラス割る件、なにが正解かわかりませんが、わたしらの気質としては許容する方向で物事が進む方がいい気はしますね。

 

一般論ですけど。

 

 

なるべくね、穏便に。

 

わたしらの仕事の幅を縮めるかもしれないけど、ホントに穏便に、物事が進むことを願います。

 

最後に、先日食べたラーメンのおとも。

 

な、なんと、背脂丼・・・。

 

こんなん初めてですわ。

 

で、見た目とは違って、あぶらがしつこくなく、いがいとさっぱり・・・・

 

なんてことは当然なく、ものすんごいこってりのパンチ力です。

 

つーか、むしろこれでさっぱりだとがっかりでしょ。

 

ものすんごくお腹がすいたときにこれかきこむと、スーパー幸せな気分になります。

 

あ、ちなみに、お店は以前紹介した流通どおりの麺哲さんです。

 

是非おためしを!

 

ページの先頭へ