交通事故問題2~むち打ち症について~

f_01_ic

弁護士の佐藤です。本日は、前回に続き、交通事故問題についてお話しします。

本日のテーマは損害論のうち、積極損害についてです。

積極損害とは、事故によって被害者が支払うこととなった費用のことを言います。治療費や通院交通費等です。

治療費は当然、被害者の方が入通院でかかった費用のことですが、かかった費用全額を当然に損害として認めてくれるわけではありません。あくまでも、治療に必要かつ相当な範囲に限定されます。ここで、よく問題となるのが、自覚症状のみで、他覚症状がない場合です。つまりむち打ちなどで被害者本人は違和感があるのに、外見やCT等の検査では、それがわからない場合です。

被害者本人からすれば、たまったものではないでしょうが、場合によっては、慰謝料をつり上げるために痛くもないのに病院に通い続けると見られてしまうと、事故との因果関係がないとして、治療費の支払いを保険会社が打ち切ってしまうことがあります。また、仕事などが忙しくて、痛みを我慢して通院をやめてしまった後、ブランクがあって、まだ痛みが残っているからとまた病院に通い出したという場合も、ブランク後の通院は、事故との因果関係を否定されてしまう可能性もあります。

むち打ちなどによる通院と事故との因果関係は非常に難しい問題です。従って、まずは、適切な病院(神経損傷に詳しい整形外科など)に通院し、病院の先生ともよく話合い、痛みを我慢せず、定期的に病院に行くとともに、早期の段階で、法律の専門家に相談され、専門家主導のもと保険会社との交渉にあたるといいと思います。

ページの先頭へ