並進走行中の幅寄せ行為と暴行罪

008

弁護士の佐藤です。

 

さて、本日も刑法に関する判例の中で、暴行罪の成否が問題となった判例をご紹介します。

 

まず、事案ですが、被告人は、約60キロメートル毎時の速さで自動車を運転して、約50キロメートル毎時の速さで先行していた被害者運転の車両を左側から追い越すに当たり、「同車内にいる者を驚かせ、これにいやがらせをし、更に、文句を言つてやろう」と考え、自車が左側車両通行帯に移行し、直進の態勢に入つてから間もなく、自車を大きく右に移行させて、その車体右側を、走行中の被害者車の車体左側に至近距離まで接近させたことで、被害者車は、中央分離帯のガードレールを突き破つて対向車線上に暴走し、対向車と正面衝突をするに至つたというものです。

 

本件においても、被告人は、自己の車を被害者の車に直接ぶつけることまではしていません。

 

そこで、並進走行中の幅寄せ行為が暴行罪にあたるかとして争われました。

 

この点、東京高等裁判所昭和50年4月15日判決は、

 

「本件のように、大型自動車を運転して、傾斜やカーブも少なくなく、多数の車両が二車線上を同一方向に毎時五、六〇キロメートルの速さで、相い続いて走行している高速道路上で、しかも進路変更禁止区間内において、いわゆる幅寄せという目的をもつて、他の車両を追い越しながら、故意に自車をその車両に著しく接近させれば、その結果として、自己の運転方法の確実さを失うことによるとか、相手車両の運転者をしてその運転方法に支障をもたらすことなどにより、それが相手方に対する交通上の危険につながることは明白で、右のような状況下における幅寄せの所為は、刑法上、相手車両の車内にいる者に対する不法な有形力の行使として、暴行罪に当たると解するのが相当である。即ち被告人としては、相手車両との接触・衝突までを意欲・認容していなかつたとしても、前記状況下において意識して幅寄せをなし、相手に対しいやがらせをするということについての意欲・認容があつたと認定できることが前記のとおりである以上、被告人には暴行の故意があつたといわざるを得ないのである。したがつて、この点に関する原判決の認定に誤りはない。」

 

として、暴行罪の成立を認めました。

 

なお、本件に関しては、被告人の行為について暴行の故意と過失行為の競合を認めることにより、行為全体を一個の故意犯として評価しているという反論がありましたが、その点に関しては、

 

「原判決は、被告人に暴行の限度で故意があつたとし、その暴行行為の際に原判示のような過失行為のあつたことを認定することにより、右暴行行為から本件傷害ないし致死という結果が発生するに至る具体的な因果関係を示し、かつ、右の結果について被告人に責任のあることを明らかにしたものと解されるのであつて、原判決が、被告人に衝突やそれに伴う傷害等の結果に対する意欲・認容があつたとしているのではないことは、判文上明らかであり、右の点に関する所論は採用できない。」

 

として、反論を退けております。

ページの先頭へ