不快

014

弁護士の佐藤です。

 

本日はなんという湿度でしょう・・・。

 

こういう日が一番不快ですよね・・。

 

とはいえ、本日は、外出予定は昼飯を抜かしてなく、事務所で数件の打ち合わせです。

 

ところで、不快といえば、相も変わらず、政治家に関する報道は不快以外のなにものでもありません。

 

森友問題、加計学園問題にまつわる総理の答弁の苦しさ、稲田防衛大臣の大臣としての資質、豊田真由子氏の暴言等のパワハラなどなど、本来議論すべき政治とはほど遠いところで、無駄な問題ばかり起こっていて、昔から、政治家の暴言等の問題はあったものの、ここまでひどい時代はなかったのではないかと思います。

 

極めつけは、大西議員の数々の失言で、正直テレビで見たくないのに、連日のようにでているわけで、炎上商法というけれど、この人はどこを目標にして生きているのかわかりません。

 

マスコミはワイドショーとしてこういう人好きなのでいちいちとりあげるのでしょうが、もうそろそろいちいち取り上げなくてもいいのでは・・・。

 

政治家ではないので、政治家がどれだけ大変かわたしにはわかりませんが、弁護士も「言葉」扱う仕事である以上、話すこと、書面で記載することは細心の注意を払ってやっているつもりです。

 

もう少し、言葉に対する重さ、責任、言葉を受け取る人の気持ちを考えて発してもらいたいと思います。

 

とはいえ、私も言葉を扱う仕事として、本当に他人事ではありませんので、今後も細心の注意をもって仕事に向き合って行かなければなりません。

 

がんばります。

 

明日は刑事裁判の判決です。

 

どういう内容かは話せないし、どういう結果になるかわかりませんが、先日の審理を通じて、またその後の被告人の行動をみて、被告人の決意というものが久々直接心に伝わることがありました。

 

 

明日の判決は、被告人にとってよい結果になるといいです。

 

というわけで、ジメジメした日が続きそうですが、体調管理にお気を付けて、あと2日のりきりましょう。

ページの先頭へ