七夕

074

弁護士の佐藤です。

 

木曜日です。

 

七夕です。

 

とはいえ、ここ数年、七夕に晴れていたという記憶がない。というか、晴れていても天の川を見たことがない。

 

今日はどうなんでしょう。

 

まあ、天の川みたことあるという人の方が少ないのかもしれませんが、わたくし、10年以上前の司法修習生だったころ、友人となぜか富士山に登ろうという話になり、登山なんかしたことないのに、富士山に登ったのですが、そのときに見た星空が本当にきれいで、天の川や流れ星を思いっきり堪能しました。

 

いまだに、あの星空のきれいさは忘れられません。

 

富士山に登ることは二度とないと思うけど。

 

 

で、本日は、刑事公判、打ち合わせ、和解期日、接見などなど、本日もあわただしく動き回っていたのですが、和解期日では無事和解することができました。

 

毎回言っていますが、和解により一つの事件が終わると、ホッとするものです。

 

納得しきれないところはあるだろうけど、一応双方納得の上、歩み寄り和解に至るというのは、将来に遺恨を残さないという意味でも悪いものではありません。

 

もちろんケースバイケースですが。

 

詳しくは知りませんが、なんでも、この和解の件数、静岡県は全国的にみても高いほうだとか。

 

温厚な性格の人が多いとか影響しているのでしょうか。

 

白黒つけるのも大事ですが、お互い歩み寄るのも大切です。とはいえ、一般市民の権利意識が多様化するにつれて、和解というものが昨今難しくなっているイメージもあります。

 

弁護士の説明の仕方にもよるのかもしれません。

 

こうなると、法律の知識量だけでなく、普段からのお客様とのコミュニケートの重要性を痛感します。

 

いろいろ学ばなければいけないことが多いですね。

 

というわけで、接見に。

 

今週もあと一日。

 

引き続き、熱中症等にはお気をつけを!!

 

 

 

ページの先頭へ