カルテ開示の費用

IMG_3474 (002)

弁護士の佐藤です。

 

本日もなんという暑さ・・・。

 

本日は、午前中、浜松支部との電話会議、静岡地裁で破産事件の債権者集会、午後は、新規のご相談と打ち合わせが数件となっておりました。

 

 

ところで、本日、朝日新聞のネットニュースで、

 

「診療録(カルテ)のコピーを患者らが請求した際に求められる料金が、病院間で大きく違うことが厚生労働省の調査でわかった。対象となった全国の主要病院の2割近くは、白黒コピー1枚でも5千円以上かかる設定だった。厚労省は20日、自治体に通知を出し、実際の費用を積み上げて料金を決めるよう医療機関に周知するよう求めた。」

 

とのニュースが。

 

 

このカルテの開示に関しては、

 

 

「2003年に厚労省が指針を作成。個人情報保護法は、本人が希望すれば病院や診療所は原則開示する義務があるとし、実費を勘案した合理的な範囲で手数料をとれると定めている。厚労省が昨年、高度な医療を提供する特定機能病院と大学病院の計87施設を調べると、白黒1枚の請求でも16%は手数料などで5千円以上になり、3千円台も15%あった。一方、67%は1千円未満で手数料がないか、低額だった。また、5%の病院は渡す際に医師の立ち会いが必須だった。そのために高額になるケースもある。」

 

 

とのことです。

 

わたくしも仕事柄、交通事故案件や医療過誤案件等で、お客さんに、カルテを開示してもらうようお話させていただくことがある一方、カルテ開示の費用がどうなっているかは、詳しくは知らず、病院によってここまで開示の費用にばらつきがあるとは知りませんでした。

 

 

しかも、白黒1枚で手数料5000円って・・・。実費を勘案した合理的な範囲とは到底いえないような。

 

カルテの開示を求めるくらいの方は、色々負担を負っていることが前提となっている方が多いと思いますので、是非、病院側には、その点を考慮して、もう少し良心的な費用設定をお願いしたいものです。

 

 

あと、そもそもなのですが、前から疑問に思っていたことの中で、金額設定を説明せずに、あとから金額を請求する仕事って、医療関係だけのような。

 

 

例えば、手術するにしても、おおよそこれくらいかかるといった説明もないわけで。

 

 

あとで払えなかったらどうするんでしょ・・・。

 

 

それと、本当にどうでもいいことですが、弁護士も一応「先生」と呼ばれたりするときがありまして、なぜ先生なのか未だに疑問だし、未だにそう呼ばれることに違和感をおぼえるのですが、それでも、例えば、事務員さんがお客さんに、弁護士の名前をいう際は、呼び捨てで、「先生」とつけることはありません。

 

が、お医者さんは、病院内では、受付の人も看護士さんも、先生は先生と呼んでおり、それも、なんか不思議な世界だと思ってしまうわけでございます。

 

 

まあ、本当にどうでもよいことですが。

 

 

 

というわけで、まだまだ猛暑が続くようです。

 

 

くれぐれも外出の際は、熱中症に気を付けてください。

 

ページの先頭へ