お財布

002

弁護士の佐藤です。

 

月曜の昨日も怒涛の一日でやんした。でも、週末明けは、バタバタしてるくらいがいいですね。変に時間が空いたりすると、ついつい週末ボケからダラダラしちゃったりして。

 

昨日もいい打ち合わせができたり、よい出会いがあった一日でした。

 

事件によっては本当に複雑なものもあって、そういう類の事件の大変さは、その複雑さをなるべくシンプルな説明で、相手方の弁護士や、訴訟案件では裁判官に理解してもらわないといけません。

 

で、当然、なるべくシンプルに説明するためには、まずは自分がちゃんと理解しなければいけません。なあなあで理解してしまうと、あとで困るのは自分です。

 

そういう意味で、よい打ち合わせができた。時間をかけるというは大切なことだ。

 

また、別の相談では受任させていただくお話もいただきました。数ある法律事務所から、わが事務所を信じて依頼していただくのは、どんな事件でも、いつまでたっても嬉しいものだし、責任の重大さを感じます。

 

全力で頑張ります。

 

で、仕事が一段楽したところで、夕方、静岡中央署へ接見に。接見にいくときは、必ず、警察署に、接見できるか、接見室が空いているかを確認していくようにしています。

 

昨日も、電話したら、できるというので、10分後に伺いますと言って向かったら、接見室がうまってしまったとのこと・・。10分前に確認したんだけど、と軽く抗議をしても、予約制ではないから、と軽く一蹴、、。

 

前にも言いましたが、浜北署は予約制みたいなのに、、

 

因みに、各警察署によっても色々運用が違うようで、あれ、なんとかならないんですかね。例えば、初回接見で、被疑者の方に名刺を渡してもらいたいというときでも、ある警察署では、なんの手続なしに入れてくれるのに、別の警察署では差し入れの手続が必要で、めんどくさい書類に色々記載しなければいけなかったりします。どっちでもいいから、統一してくれんかの、、

 

で、接見ができないので、昨日は行き着けのセレクトショップで財布を物色しに。数週間前から、財布のファスナーが反抗期を迎え、数日前から、完全に言うことを聞かなくなりやした、、

 

数日前からかなりみすぼらしい姿に(´・_`)

 

で、財布の扱いが悪いのか、だいたい二年くらいで買い換えていて、先代は、ジャムホームメイドというブランド。いい皮つかってるのに、値段もお手頃。仕事じゃない日は年甲斐もなくぶら下げているウォレットチェーンもジャムホームメイド。

 

やっぱり行き着けのショップは安心感たっぷりで、同じブランドで、わたしの持ち金をがっちり管理してくれる財布をすぐに見つけられやした~( ´ ▽ ` )ノヴィトンと同じ皮を使っとるどすえ~(確か、、違ってたらごめん。)。

 

難点をあげると、カード類があまり入らないのと、お札いれるところも狭い。まあ、札束もってないからいいけど、、~_~;

 

先代、ご苦労様でした。

 

新しいやーつ、よろしくね。

 

大事に使うよ~

 

ページの先頭へ