お知らせ

030

弁護士の佐藤です。

 

朗報です。

 

 

これまでお客様から法律相談を受けさせていただいて、実際仕事を受任させていただくまでの間の最大のネックは弁護士費用の問題です。

 

ちょっと話がそれますが、弁護士費用を相手にもたせたいという話はよくお聞きします。

 

が、全部が全部請求できるわけではなく、判決は別ですが、弁護士費用は各自が負担しましょうって和解で終わるケースがほとんどです。

 

 

話をもとに戻しますが、このたび、保険会社から、弁護士費用を特約でつけるという商品が発売されたらようです。

 

特約といえば、交通事故における弁護士特約。

 

これはすでに思いっきり浸透し、交通事故の法律相談の際には必ず聞くところです。

 

 

それが、な、な、なんと!

 

 

交通事故にかきらず、離婚、遺産分割などなど、どっかでいつかは関わるであろう分野につきまして、争いになったさい、弁護士特約に入っていれば、弁護士費用をまったく負担することなく弁護士を頼めるというものざんす。

 

ホント、イメージは交通事故の際の示談交渉ですが、その活動分野が拡がるのです。

 

これは普及すれば、お客様も弁護士も助かるのです。

 

 

弁護士費用は、ぶっちゃけ高いと思います。

 

でも、弁護士はそれに対して、本当に命がけで悩みに悩みに、毎日毎日仕事をしています。

 

まあ、高いか安いかの最終判断はお客様だと思いますが、だからこそ、お客様も弁護士も、仕事では同じベクトル向いてるのに、費用でもめちゃうかのはあまりにも悲しく残念。

 

なので、しつこいですが、交通事故の弁護士特約みたいに、別の分野での弁護士特約は、ホント必要やと思います。

 

 

別に利益ならんので、保険会社の営業をしようとはサラサラ思っていませんが、一度、将来に備え、こういった制度を検討するのもいいのではないでしょうか?

 

ページの先頭へ