うしとうに

002

で、またまた弁護士の佐藤です。

 

この前の土曜日は、友人がやっている店へ~

 

雲丹と牛肉って合うのか半信半疑でしたけど、激ウマ!あと、山葵とジュレがいいアクセントに。

 

なぜか、飲食店経営の友人が多いのですが、飲食店の経営者はホントに偉大やと思います。

 

飲食店経営にとって一番大事なことはリピーターを増やすことではないでしょうか。次も来たいと思わせるられるかどうかが、お店が繁盛する一番の原因やと。

 

僕自身も、そこは意識してお店にいくんで。

 

で、リピーターが多い店はやっぱりそれだけアイデアが豊富で、それだけ人生の情熱をその一点に向けてるんだと思います。業種は違えど、学ぶこと、見習わないといけないと思うことが多いです。

 

で、話は変わりますが、最近もわが法律事務所のホームページをみたということで連絡していただく方が増え、本当に嬉しい限りです。

 

昨日も、ホームページを見ていただいた方から連絡を頂き、時間がちょっとあったので、事務所に来ていただき、受任させていただくことになりました。数ある法律事務所や、弁護士の中から選んでいただいて任せていただくことは本当にありがたいことと同時に、責任の重大さを痛感しております。

 

前に言ったかもしれますんが、僕らの仕事は結果を保証して受けることはできません。裁判になったら必ずこうなるということは言えないのです。当たり前ですけど、決めるのは裁判官なので。99%と勝てると思っても、私は口には出さないようにしています。100%と言えるならいいますが、そうでないなら言うべきではないと思うのです。で、100%で結果がわかる事件なんて皆無です。

 

もちろん、お客様の中では、そういうパーセンテージを聞いてくる方はいらっしゃいますが、100%でないなら色んな可能性があるわけで、なら、いい加減な話はできないのです。そこがとても歯痒いのですが。

 

だから、全力でよい結果になるよう頑張りますとしか言えません。

 

で、ただただ全力でがんばるだけなんです。

 

 

 

ページの先頭へ