「津波浸水想定区域」の標識撤去

IMG_1755

弁護士の佐藤です。

 

本日は、花粉がひどく、鼻水が朝からとまりません・・・。

 

 

ところで、昨日の静岡新聞から、

 

 

「静岡市は27日、同市駿河区の中島学区自治会連合会の地域内にある『津波浸水想定区域』の標識を撤去した。市が、海岸付近に設置した38枚のうちの5枚で、同区中島地区の国道150号中島交差点南側や大浜街道の大浜橋交差点付近などに掲げられていた。同自治会連合会が今年2月、『人口減少などの風評被害につながる恐れが強い』として、撤去の要望書を市に提出したことを受けた措置。」

 

 

との記事が。

 

「標識は『これより先 津波浸水想定区域』などと記され、外国人向けに英語表記も添えられていた。38枚の標識は2017年3月、津波避難の目安とするため市内海岸付近に設置した。一部住民からは標識撤去に疑問の声も上がっているが、同市危機管理総室の担当者は『正式な書面で住民の要望があり、撤去はやむを得ない。さまざまな方法で周知を進め、表示方法なども検討していく』と説明した。」

 

とのことです。

 

 

正直、唖然としました。

 

風評被害という言葉もピンとこないし、東大震災直後であれば、こんなことはありえないこと。

 

こうして、東大震災の悲惨さが風化していくのかと思うのと同時に、命を守るべく設置された当初の行政の思いが、こんなに簡単に変わってしまうのかと思うと残念でなりません。

 

 

人口減少という意味もわからなくはないですが、その土地のリスクをはっきりさせた上で、それを前提に、避難ルートの確保などで、人の命を守るというのが、行政のあり方ではないのかと思います。

 

 

南海トラフの大地震の発生確率があがっているという報道が前に出ましたが、過去の大震災の教訓から、被害をどれだけ最小限に食い止められるかを、今一度考えなければならないのではと思います。

 

ページの先頭へ